旧統一教会をめぐって、岸田首相が、「質問権」を行使して、調査に乗り出すとを指示したことについて、旧統一教会が、あす午後、記者会見を行うことが分かった。

教団としての受け止めなどを説明するという。また、会見では、現在、「過度な献金」を規制することなどを推進する教団改革の中間報告も行うとのこと。

岸田首相は、17日の衆議院予算委員会で、旧統一教会に対し、宗教法人法の「質問権」の規定を使い、組織の実態を調査する方針を表明した。「質問権」が行使されれば初めてのことで、調査の結果次第では解散命令を請求する可能性がある。

これを受け、永岡文科相は、「年内のできるだけ早いうちに、権限を行使できるよう、手続きを進めていく」と述べ、有識者による会議を設置し、行使の基準や基本的な考え方について、来週火曜日にも検討を始めることを明らかにした。

記事 1239 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。