8月初旬の記録的な大雨で被災した、新潟県村上市の商店を励まそうと、地元の中学生が立ち上がった。

「少しでも役に立ちたい」 中学生が被災商店を回る

記録的大雨で被害を受けた村上市
記録的大雨で被害を受けた村上市
この記事の画像(9枚)

8月31日、村上市の坂町駅周辺にある商店などを訪れたのは、地元・荒川中学校の3年生約70人。

6月から、地元の経済を学ぶ「総合学習」の一環で周辺の商店を訪れ、話を聞いていた荒川中学校。そんな中で降った8月3日からの記録的な大雨は、多くの商店に浸水などの被害をもたらした。

このため総合学習は中断されたが、生徒たちは地元の商店を励まそうと、被災した約30店舗を訪問した。

生徒:
少しでもお役に立てればと思ってお伺いしました

手書きの手紙を受け取った人は…

生徒が書いた手紙
生徒が書いた手紙

床上浸水した旅館:
中学生の心が伝わってくるようで涙が出ちゃう。できるだけ早く元の状態に戻せるよう努力したい

「まずは命を守ってね」被災者から子どもへ 伝えたい思い

一方、床上浸水の被害に遭い、約30席ある座敷の床をはがす作業が続く割烹では、激励に訪れた中学生にこんな思いが伝えられた。

割烹食堂いそべ・礒部有紀子さん:
災害の時でも大切なものは持っていたいけど、それはまず置いて、また元気で頑張れば手に入るものだから。まずは命を守ってね

「ああいう子たちに会えると安心する。村上の子たちは本当に良い子たち」と、大変な状況の中、礒部さんの顔に笑顔が浮かぶ。

生徒:
心だって傷ついていると思う。何とかしてあげられないかという気持ち

生徒:
些細なことでも協力して、すぐ復興できるよう手伝いたい

また、荒川中学校では今後、被災した商店などから空き缶を回収。金属業者に売却した利益を、商店街の復旧に役立てていく考えだ。

(NST新潟総合テレビ)