国会議員のボーナスにあたる「期末手当」約286万円が30日に支給される。

期末手当は年に2回、6月と12月に支給される。夏のボーナスといえる今回の期末手当の支給額は、衆参両院とも、議員1人に約286万円。

一方、細田博之衆院議長と山東昭子参院議長には約480万円、衆参両院の副議長には約350万円が支給される。昨年8月に人事院が、国家公務員の0.15カ月分の引き下げを勧告していて、今回から適用された。また、昨年末の支給分にもさかのぼって減額調整している。

2021年10月に行われた衆議院選挙で当選した新人議員などには、約299万円が支給される。

記事 1167 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。