世阿弥ゆかりの正法寺で…3年ぶり「ろうそく能」上演 和泉式部を優美に舞う【新潟発】
FNNピックアップ

世阿弥ゆかりの正法寺で…3年ぶり「ろうそく能」上演 和泉式部を優美に舞う【新潟発】

能の大成者・世阿弥が身を寄せたといわれる新潟県佐渡市の正法寺(しょうぼうじ)で6月18日、ろうそく能の準備が行われた。

面の持ち運び方までこだわり 藤沢周さんの解説も

ろうそく能は世阿弥を偲ぶため、「佐渡の能を識る会」の会員が中心となって毎年企画している。

正法寺(佐渡市)
この記事の画像(10枚)

しかし、新型コロナウイルスの影響を受け2020年は中止となり、2021年は密を避けるため会場を金井能楽堂に移したため、正法寺でのろうそく能は3年ぶりの上演となった。

能楽師 松木千俊さん(右)

今回、主役の和泉式部役を務めるのは、能楽師の松木千俊さん。

本番開始直前まで出演者に指導を行い、面の持ち運び方一つまでこだわる徹底ぶりだ。

面の持ち運び方にもこだわる能楽師・松木千俊さん

そして、迎えた本番。この日は約170人の観客が訪れた。

ろうそくに灯される火

ろうそくが次々に灯され始まった演目は「東北(とうぼく)」。早春の頃、東国から都に上った旅の僧が、梅の花の美しさに足を止めたところから物語が始まる。

和泉式部の舞

僧の前に生前は一流歌人だった和泉式部の霊が姿を現し、梅の主だと告げて姿を消したため、夜通し法華経を唱え供養していたところ、再び和泉式部が姿を現し、生前の思い出を語るというものだ。

和泉式部を演じた松木さんは、幽玄な舞で和泉式部の生前の華やかな生活を表現し、会場を魅了した。

訪れた人:
佐渡市には色々な能舞台があるが、ろうそく能は趣が違う。3年ぶりのろうそく能だったが、新型コロナ禍でもひとときを忘れられるような良い時間だった

訪れた人:
素晴らしい。深い歴史があるから勉強になった

また、19日には能の愛好家で芥川賞作家の藤沢周さんが、ろうそく能の演目「東北」について解説したほか、自ら舞も披露。

舞を披露する藤沢周さん

訪れた人は能の優美な世界に思いをはせていた。

(NST新潟総合テレビ)

記事 785 NST新潟総合テレビ

新潟の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

新潟県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

集中豪雨で“道路冠水” クルマは「水が60cmの高さで走行停止」…

集中豪雨で“道路冠水” クルマは「水が60cmの高さで走行停止」…

都道府県
杉本彩さん「ペット業界のあり方変える重要な裁判」 無免許で犬…

杉本彩さん「ペット業界のあり方変える重要な裁判」 無免許で犬…

社会
“後方だけ”警戒する警護員いない状態に…安倍元首相銃撃 元警…

“後方だけ”警戒する警護員いない状態に…安倍元首相銃撃 元警…

社会
注目集める「北海道産小麦」 円安、ウクライナ侵攻で外国産“高…

注目集める「北海道産小麦」 円安、ウクライナ侵攻で外国産“高…

社会
新幹線乗車する駅で「検査」も…帰省前に“陰性確認”を 主要駅…

新幹線乗車する駅で「検査」も…帰省前に“陰性確認”を 主要駅…

社会
“人間国宝”が作った「備前焼の手りゅう弾」 陶芸家も巻き込ま…

“人間国宝”が作った「備前焼の手りゅう弾」 陶芸家も巻き込ま…

都道府県
一覧ページへ
×