日差しが気になる季節になり、紫外線から肌を守ろうと、日傘や帽子を使っている人も多いはず。まずは太陽からの日差しを避けることが大事だが、実は紫外線は、直射日光を避けても襲ってくるのをご存知だろうか。

空気中に広がる「散乱光」が紫外線総量の6割!

この記事の画像(4枚)

そもそも紫外線は、いつ頃から強くなるのか。気象庁が公開しているデータをまとめたところ、6月の紫外線は「非常に強い」で、真夏の8月と同程度であることが分かった。今はしっかりとした対策をしなければならない季節なのだ。

そこで、日傘や帽子の出番になるわけだが、気を付けてほしいことが…。

太陽の光には、地上に直接届く「直接光」と、空気中の分子などに当たって広がる「散乱光」がある。直射日光を気にしている方は多いが、「散乱光」と聞いてピンとくる方は少ないかもしれない。

実はこの散乱光、紫外線の総量の6割を占めている。日傘などで防ぐことができる直接光よりも多くの紫外線が、空気中の分子などから襲ってくるのだ。

日差しが強い晴れの日には、日傘や帽子に加えて、日焼け止めもしっかりと塗って対策することが大切だ。

情報:気象庁
出典:ウェザーニュース

(東海テレビ)

記事 2086 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。