千葉県八街市で、去年6月、飲酒運転のトラックに小学生5人がはねられ死傷した事故で、危険運転致死傷罪に問われた、運転手の梅沢洋被告(61)の判決公判が、午後1時半から開かれた。千葉地裁は、梅沢被告に、懲役14年の実刑判決を言い渡した(求刑・懲役15年)。

起訴状などによると、梅沢被告は、去年6月28日、高速道路のパーキングエリアで酒を飲んだ後、トラックを運転。八街市の市道を走行中に、居眠りをして、下校中の小学生の列に突っ込んだ。その際、2人を死亡させ、3人に大けがをさせたとされる。

危険運転致死傷罪に問われた梅沢被告は、起訴内容を認めた。被告人質問では、「ここ15年ぐらい飲酒運転をしている」と明らかにした上で、おととし2月ごろから、仕事中に酒を飲んで、車を運転していたことを打ち明けた。

また、飲酒運転の動機について梅沢被告は「現場でイライラがあり、おさめるためだった」「悪いとは分かっていたが、自分は事故をしない、捕まらないという気持ちがあった」と述べた。

きょうの判決で千葉地裁は「5人を死傷させた結果は重大で、自分は事故を起こさないと、飲酒運転の危険性を顧みない態度は最悪で強い非難に値する」と断罪した。しかし「反省がうかがえる」として懲役15年の求刑に対して、懲役14年を言い渡した。

この事故を受けて、政府は通学路の緊急点検を実施。全国で7万カ所余りの危険な通学路が確認された。一方、今回の事故は、自社の資材などを運ぶ「白ナンバー」のトラックが起こしたことから、白ナンバー車を業務で使う事業者にも、飲酒検査が義務化されることになった。

社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 807