この記事の画像(22枚)

コロナ禍でペットの飼育数増 保護される動物の数も倍以上に

コロナ禍で外出しない時間が増えたことで、ペットの飼育数が大幅に増えているが、その陰で飼っていたペットの世話ができなくなり捨ててしまう「飼育放棄」が急増している。

動物の保護に取り組む三重県のボランティア団体は、捨てられた動物たちを幸せにするために懸命に里親を探している。

ボランティア団体が運営するペットホテルには、飼い主から預けられたペットの他に保護された犬や猫の姿があった。

ボランティア団体の代表:
(動物の数は以前に比べ)倍かなと思います

さらに別の団体でも…。

動物愛護団体「つむぎ」の代表:
私たちが保護している子、やっぱり増えてますね

コロナ禍でペットを飼う人たちが急増しているのに比例して、三重県四日市市の動物愛護団体「つむぎ」が保護したペットの数は、コロナ前の2019年の40頭から、2021年には95頭へと倍以上に増えた。

動物愛護団体「つむぎ」の代表:
飼えなくなったから引き取ってほしいとか、保健所に収容された子たち。明らかに捨てられたのかなって思う子もいる

無責任な飼い主による飼育放棄によって行き場を失い、保護されるペットが急増していた。

手の影におびえる柴犬 譲渡会で里親さがし

柴犬のアキちゃん(推定3歳・メス)は、2021年10月に三重県桑名市の山中にいたところを発見され、保護された。里親が見つかるまで自宅で保護をしている動物愛護団体の女性は、アキちゃんの過去をこう推測する。

動物愛護団体の女性スタッフ:
人慣れからいって、飼われていた感じ。手の影にビクってするので、虐待を受けて捨てられた可能性は高い

現在、アキちゃんはこの女性から愛情をたっぷりと受けて暮らしている。ここで一生過ごすのも幸せそうに見えるが…。

動物愛護団体の女性スタッフ:
(里親に)出していかないと次の子を引き取れない。この子に特上の愛を与えてくれる里親を見つけて…

2021年12月、アキちゃんにとって初めての「譲渡会」が開かれた。気に入った子がいたら、里親として引き取りを希望する来場者が集まった。

開始早々、アキちゃんの前に一組の年配夫婦が訪れた。

年配の女性:
かわいいじゃない

どうやらアキちゃんを気に入った様子だが…。

動物愛護団体の代表:
年齢が見合ってなかったのでお断りしました。あの子(アキちゃん)に介護が必要となった場合にお世話できるのか、最後まで看取れるかが心配なので…

過去に辛い経験をしたペットに、二度と同じ思いをさせたくない。里親になるには厳しい審査がある。その後も来場者は訪れたが…。

来場した男性:
前にダックス(フント)を飼っていたので、ダックスのような小型犬がいいかな

人気が集まるのは小型犬や子犬。譲渡会終了まで残り30分、そこへアキちゃんに興味を示す一組の夫婦が訪れた。

北名古屋市から来た54歳の男性:
ずっと柴犬を飼っていて、去年(2020年)亡くなっちゃったので新しい子を。会社をやっているので、普段はワンちゃんも事務所へ連れていこうと

この男性は、アキちゃんを引き取りたいと希望した。

犬が安心して暮らせるか…里親になるための厳しい審査

しかし、里親になるためにはさらなる審査がある。保護団体の代表が、飼育を希望する人の家を訪問。脱走する危険性やストレスを受ける心配がないかなど、犬が安心して暮らせる環境かをチェックする。

動物愛護団体の代表:
出勤されて、アキちゃんどこに置いてもらえますか

里親を希望する男性:
あそこにゲージ置いていましたので…。こちらへ連れてきてお利口にさせておこうかなと

動物愛護団体の代表:
こちらの環境は暖かいですし、夏は涼しいですね

この後、男性の自宅も確認。果たして「家庭訪問」の結果は…。

動物愛護団体の代表:
すごいいい環境。会社だったら社員さんと触れ合ってもらえるし、構ってもらえる。お家の方はすごく日当たりのいいお部屋があったので。今日のお宅でお願いしたいと思っています

無事に審査をクリアし、アキちゃんの里親が決まった。

「命を迎えることは重みあること」ボランティア団体の願い

2021年12月、迎えたアキちゃんの引き渡し当日。これまでアキちゃんを自宅で世話していたボランティアスタッフの女性は…。

動物愛護団体の女性スタッフ:
もうちょっと一緒にいられると思っていたので…。でも里親さんの早く迎えたい気持ちはありがたいので、寂しいけど仕方ないですね

いよいよ、アキちゃんは新しい家族の元へ。

新たな飼い主となる男性:
大切にさせて頂きますので。もうこの子、一生大事に

年が明け、2022年の元旦。そこには新しい家族にすっかり懐いたアキちゃんの姿があった。会社では従業員たちのアイドルに…。

動物愛護団体の代表:
命を迎えることは、すごく重みのあること。どんなことがあっても最後まで面倒がみられるかを、家族できちっと話し合ってから決めてほしい

コロナ禍で増えてしまった飼育放棄されたペットたち。そんな彼らを幸せにするために、ボランティア団体は懸命に里親を探している。

(東海テレビ)