町工場がポッドキャストで番組配信 徹底した"見える化”で集まる人材 若手社長が目指す脱「暗いイメージ」【大阪発】
withコロナ時代の地元ビジネス

町工場がポッドキャストで番組配信 徹底した"見える化”で集まる人材 若手社長が目指す脱「暗いイメージ」【大阪発】

なかなか働き手が見つからない、定着しない。そんな「町工場」の現実を変えるべく、大改革に乗り出した会社が大阪にある。入社を希望する人も続出。若手社長の挑戦が生み出す変化を取材した。

町工場の社長がMC! ポッドキャストで番組配信

大阪・堺市の町工場「日本ツクリダス」。自動車の部品などを作る、金属加工会社なのだが…

この記事の画像(19枚)

随分とオシャレな階段を上った先には、「町工場がラジオ番組!?」と書かれたポスター。2021年9月、町工場を盛り上げようと、ポッドキャストでインターネットでのラジオ風の番組配信に挑戦することしたのだ。

MCをつとめるのは、この町工場の社長である角野嘉一(かどの かいち)さん(43)。9年前に父親の経営する会社から独立し、「日本ツクリダス」通称「ニッツク」を立ち上げた。

その社長が一体なぜ、自ら「ラジオ番組」の収録をしているのかというと…

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
(将来)今までの仕事ではない商品が現れるかもしれないですよね。じゃあその新しいもの、どこに出すねんって話になったときに、(製造会社を)どう探すねんってなった時って、ネットとかになると思う。知ってもらうっていうところを、今のうちに積極的にやっとくべきじゃないかなと思いますね

「ニッツク」は今、「見える化」「見せる(魅せる)町工場づくり」に邁進しているところなのだ。

朝礼で「じゃんけん」…暗黒時代も乗り越えて

「ニッツク」の朝は、清掃から始まる。暗い工場のイメージを払しょくしようと塗り替えた、真っ白な床が自慢だ。

全員で集まっての朝礼。社員で集まってやるのは、なんと「じゃんけん」だ。

日本ツクリダスの社員:
最初はグー、じゃんけんぽん!

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
朝の気分を盛りあげるじゃんけんです

ただのじゃんけんに大盛り上がりできる従業員たち。この雰囲気の良さだが、最初からこうだったわけではない。

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
暗黒時代はやっぱりあって、最初からではないです、決して。もう、どうしたら(従業員が)定着してくれるんだろうかとか、どうしたらみんな楽しく働けるんだろうかとか(悩んでいました)

町工場には珍しい「広報課」 元市役所職員に作曲家まで…集まる人材

創業して始めの5年は、従業員が入っては抜けるの繰り返し。多くの町工場が抱えているという、人材不足の問題に「ニッツク」も悩まされてきた。
そこで取った策が、「見せる」ということ。町工場には珍しい「広報課」と「人事課」を新設し、オンラインを使った工場見学をスタート。ホームページやSNSでの発信も加速させてきた。

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
中のことを、今まで以上に見せられるようになったんですね。うちの場合は特に人。人を見せることで、応募してくれる人たちがすごくガラッと変わったっていうのは、すごい効果出ました

その結果、応募してきたのは…

日本ツクリダスの社員:
元市役所職員ですね

日本ツクリダスの社員:
作曲家を前職やってましたね

日本ツクリダスの社員:
(前は)航空自衛隊で

さらには…

企画開発部 野口侑李さん:
(夫が)半年働いたときに、私が突撃したって感じです

なんと社員の妻まで働いていた。

企画開発部 野口侑李さん:
(夫は)すっごい人見知りなんですよ。ほんとにびっくりするぐらい人見知りで、新しい仕事しても人と慣れるのに時間がかかって、毎日死にそうな顔してるんですけど、ここに入って1カ月もたたないうちにニコニコ帰ってくるんですよ。『あ、私も働きたいから社長に言って』って

DXも推進 他社も導入する納期管理ソフト

「ニッツク」に見学に訪れる町工場からの見学者が、必ずと言っていいほど立ち止まるのが、工場の真ん中にある大きな画面の前だ。「ニッツク」はDXも進め、独自に納期を管理するシステムを開発した。

製造部 野口良樹さん:
うちで開発している、納期管理ソフトを使って、納期を見ながら、何を加工に入れていくかを打ち合わせしているって感じですね

角野社長と「ニッツク」創業時から付き合いがあるという、奈良県の町工場「井上工作所」は、これまで紙で行ってきた納期管理をこのシステムに切り替えた。

井上工作所 井上英之専務取締役:
俺が納期管理やねん!って思ってたけど、もうそれを言う時代じゃないって言うのを、それを入れてからわかった。自分の覚えることを、このシステムが覚えてくれるというか、ひとつ余計なことをこっちに託せるから、自分が身軽になったというか。たまたま来たお客さんから「最近納期早なったな」って言われた

角野社長とは「ニッツク」創業当時からの長い付き合い。町工場を良くしようとする熱い2人だが、そこには共通して抱える危機感がある。

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
危機感すごいです。もう自動化の波と、電気自動車と

井上工作所 井上英之専務取締役:
国内の業者だけじゃないから、海外で作らせたりとかなってくると、やっぱり危機感やね

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
ほんまに俺らの仕事いつまであるんやろうと思いながらやってます。

「見せる努力」は社員にも 厳しい現実も包み隠さず

この日、「ニッツク」では年納めの恒例行事が行われていた。部署の成果や、職場環境の改善できた点を従業員全員で発表し合う。

角野代表取締役からは、賞与が社員に直接手渡された。
新型コロナの影響で発注が減り、業績は落ち込んだ。賞与の総額は、社員約30人で総額136万円円。厳しい現実も、ごまかすことなく社員に伝える。

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
正直少ないなって、みんな今率直に思ったと思うんですよね。改めて掲示板で公開してるんで、ぜひ見ておいてほしい

事務所に設置された大きな画面には、日々の売り上げや成果が事細かに公開されている。「見せる」努力は、社外にだけでなく、社内にも向いている。

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
(来年の賞与は現状の業績では)ほぼほぼ倍増ペースでいってるんじゃないかなと思います。自分たちの動きがボーナスに直結してるんだよということを見ながら、仕事に励んでもらえたらなと思っています

激動の時代の中で、誇る技術を守りたい。だからこそ、変わる努力を進める。

日本ツクリダス 角野嘉一代表取締役:
チャンスがあるっていうことを、とにかく(社員に)伝えたいんですよ。うちの規模だから、伝わりやすいんですよね。もうコロナになって、やっぱり業績ががんと落ちましたけど、準備はやってきたんですね。なので、ことしはその準備を爆発させる年だと思ってるので、邁進していきたいなと思っています

(関西テレビ「報道ランナー」2022年1月5日放送)

関西テレビ
関西テレビ
メディア
記事 346
奈良県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×