ドラレコの装着率は?街で聞いたところ66%という結果に

この記事の画像(16枚)

衝撃的な事故の瞬間やあおり運転など、ドライブレコーダーが捉えた映像をニュースで目にすることが増えている。そこで、ドライブレコーダー最新事情を調べてみた。

ドライブレコーダーを持っているかどうか、またその理由を、名古屋の街で調査してみると。

20代看護師(所持):
最近ニュースでもよくドライブレコーダーの映像が使われるから、なにかあったときに良いかなと思って

50代自営業(所持):
安心安全というか、お守りみたいなものですね

30代事務職(所持):
信号待ちの時に後ろから突っ込まれたことがあって、そこから付けました

30代アパレル業(未所持):
パッと付けられれば付けるんですけど、めっちゃ面倒くさそうだなと思ってやってない

20代学生(未所持):
値段が高いから買わないですね。前と後で5万円ぐらいだったら(買いたい)

60代会社員(未所持):
通勤にも使ってないし、そう距離も乗らないので

50人に調査したところ、持っている人は33人で66%という結果だった。

はじめてのドラレコ 気になる価格や取り付け方法は?

はじめてドライブレコーダーを購入する時の疑問点や、進化した最新のドライブレコーダー事情について、名古屋市の店舗で取材した。
名古屋市港区にある「スーパーオートバックスナゴヤベイ」。

約30種類のドライブレコーダーがある店内。この店では月に100台以上は売れていて、大きな事件があった後に売上げが伸びる傾向にあるという。

ドライブレコーダーは主に3種類で、カメラが「前だけ写す1台タイプ」「前後2台のタイプ」「360度を映すタイプ」がある。主流の2台カメラタイプは約2万円から。取り付け費用は別途で、この店の場合は、前だけで5500円~、前後の2カメラで1万6500円~かかるとのこと。

取り付けにかかる時間は1台あたり約1時間で、動画は主にマイクロSDカードに保存される。

担当者:
機種の画質によって(録画)時間は変わるんですけど、おおよそ1~2時間くらい撮れるものが多いです

SDカードの容量がいっぱいになった後は、前のデータに上書きされるので注意が必要。

データをインターネット上に保存する機種も登場

新しい機種では光の補正機能が向上しているものもあり、暗い所でも明るく撮れたり、ナンバープレートや人がいるかどうかも見えるようになってきている。

光の反射などでナンバープレートなどが見えづらいことも多かったが、より鮮明に見えるよう画質が向上している。

ほかにも、衝撃で自動録画をはじめる機能などや、ルームミラーそのものがドラレコになっているものもあった。

さらに進化したのが、11月に発売されたコムテックの「XDR058」という商品。
見た目は普通だが、ある大きな特徴が…

担当者:
通信機能が付いておりまして、事故等の画像データ等を転送することが可能な機種

一番の強みは映像の保存を「クラウド」化、つまりインターネット上に保存することができること。スマートフォンなどで確認ができるうえ、SDカードが事故などで破損した場合も、映像が消える心配がなくなる。

また、盗難に遭った場合はドライブレコーダーもなくなってしまうが、スマートフォンで盗難時の映像やリアルタイムの位置情報を確認でき、追跡することもできる。

コムテックに伺ってみると、開発には意外なきっかけが…

コムテック企画部の担当者:
ご家族の運転が心配だという方が非常にたくさんいらっしゃるという話を受けまして。オンタイムで見守ることができる。免許取りたてのお子さんの運転を心配する親御さんであったり、高齢の家族の運転を気に病む方からすると、離れた場所から専用のアプリで見守ることができる

家族などの運転を見守りたいという声から生まれ、運転を通知する機能があるので、運転が無事終わったことをリアルタイムで伝えてくれる。

コムテックの「XDR058」は価格が5万8080円(税込)で、通信費用が別に年に1万4000円かかる。「スーパーオートバックスナゴヤベイ」では、設置費用が1万6500円からとなっている。(※車種によって価格は変動)

費用の問題もあるので、単純にドラレコを勧めることはできないが、事故が起きた時、「過失割合」の争いで当事者双方の認識や主張が食い違うことは多い。そうなると水掛け論になり解決も長引いてしまう。
その時にドライブレコーダーがあると「客観的証拠」となり、解決までの時間も大きく短縮できるという。

「ドラレコ」が過失割合認定で重要な役割…弁護士に聞いた“3つの事例”

交通事故が起きた際の当事者同士の交渉で、ドライブレコーダーが重要な役割を果たした事例を、弁護士法人・ブリッジルーツ名古屋の牧野太郎弁護士に聞いた。

<事例1>
進路変更の急な割り込みをされて事故が発生。ドラレコに加害者がウインカーを点灯していなかったことが映っていて、加害者の過失が高く認定された。

<事例2>
事故発生時にドラレコに速度が表示されていて、法定速度を守っていたことが分かり、過失が低く認定された。

<事例3>
事故発生後、その場での当事者同士の会話が録音されていて、加害者が前方不注意を認めていたため相手の過失が高く認定された。

(東海テレビ)