1件当たりの被害額は約100万円増加

年末年始を迎えるこの時期、特に注意が必要な空き巣被害。その対策や窃盗団に情報提供する「情報屋」について調べた。

この記事の画像(9枚)

愛知県警が発表した「住宅を対象とした侵入盗の認知件数と1件当たりの被害額」のデータでは、2010年と2020年を比べると件数自体はかなり減っているものの、1件当たりの被害額は約100万円も増えている。

こうした背景について、神奈川県警の元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんに聞くと、窃盗団などにお金を持っている家を教える「情報屋」の存在があるとのこと。

情報屋は、例えば「あの会社には多額の現金がある」「お金持ちの○○さんが旅行に出ている」「××さんの家には高級時計が10本ある」といった、お金になる情報を提供してもらう幅広いネットワークを持っていて、その情報を窃盗団に売り、盗んだお金の何割かを入手するという仕組みが成り立っているとのこと。情報屋は2000年前後に首都圏で流行しはじめ、現在も続いている。

情報屋が増えた理由として、今はコンビニATMなどがあり、昔に比べて現金が置いてある家が少ないこと。またコロナ禍で在宅率も高いので、窃盗犯が情報なしで空き巣に入るのはリスクが大きく、確実にお金がある家を狙うためには情報屋の存在が欠かせないという。

情報屋は現場に行かないので逮捕のリスクが低く、窃盗団も空振りを減らせるので、お互いにメリットがある。こうした情報屋の存在で被害件数は下がり、被害金額は上がっているという。

情報提供は情報屋と窃盗団が直接ではなく、ほとんどはブローカーを挟ませるため、もし実行犯が逮捕されても情報屋まで警察が辿り着くことは難しいのが実情だ。仮にブローカーを任意で取り調べても「あの家がお金を持っているという話はこの辺りでは有名ですよ」などと言われれば、追及ができないという。

狙われやすい3つの仮説…侵入窃盗の認知件数が全国4番目の愛知

「令和2年の侵入窃盗の認知件数」を見てみると、人口の多い都道府県が多く、愛知は4位、岐阜や三重も平均よりは多い傾向にある。

1位:埼玉 3637件
2位:東京 3149件
3位:千葉 3122件
4位:愛知 2648件
16位:岐阜 1033件
17位:三重 957件

なぜ愛知が多いのか、警察とも連携し防犯対策に取り組んでいる「愛知県セルフガード協会」の和田茂男さんに伺うと、断言はできないと前置きした上で3つの仮説を挙げた。

1つ目は、組織窃盗グループによる富裕層狙いが多いこと。特に名古屋には富裕層が固まっているエリアがあり、そこを狙うグループが多いという。

2つ目は、幹線道路が整備されていて、犯人が車で外から入りやすく逃げやすいということ。

3つ目は、警戒心が薄い県民性。「うちは大したものはないから大丈夫」と思っている人が比較的多いと和田さんは感じているそうだ。

また犯罪ジャーナリストの小川さんによると、これからの時期は特に空き巣に注意してほしいという。

空き巣犯や警察の間で使われる言葉に「宵の空き巣」というものがある。秋以降は日が沈むのが早くなり、働いている人が帰る前に暗くなるので家が不在かどうかを判断しやすく、日が暮れて間もない宵の時間に空き巣が増える傾向がある。

さらに、これから年末年始を迎えるこの時期は「旅行などで長期不在にすることが多い」「年越しやお年玉などお金が入用になり、家に現金が多くなる傾向がある」ことで、空き巣犯にとって一年で一番の狙い目だという。

一番の敵は自身の油断! 空き巣に遭わないために

空き巣の対策は挙げればきりがないが、一番の敵は「油断」だ。

小川さんによると、近年は空き巣の侵入手口で「玄関や窓の無施錠」が4割にも上る。コンビニやゴミ出しといった、ちょっとした外出でも必ずカギをかけることが大切だ。

オートロックのマンションであっても油断は禁物で、住人の出入りする前後に紛れて簡単に入り込めてしまい、工事や宅配業者を装って中に入ればマンション内を自由に回れてしまう。

2階より上の場合でも、車庫の屋根などを伝って侵入、マンションの隙間を利用して上って侵入、屋上から降りてきて侵入など、いろいろ考えられる。

また愛知では、バールなどでドア錠をこじ破るという侵入手口が多発している。「ドア錠のこじ破り」は組織窃盗グループが多く使う手口で、警察によると全国総数の41%が愛知で起きている。

この対策でおすすめなのが、ドアと枠の隙間をふさぐ「ガードプレート」。ホームセンターや工務店などで入手でき、商品代と工事代含めて1~2万円で取り付けることが可能だ。

また、小川さんは「SNSなどで個人情報を綿密に集めた上で狙い撃ちするケースもある」と注意を呼び掛けている。

「今旅行に行ってます」といった書き込みや、住所など個人情報が漏れるような投稿はしないこと、巡り巡って情報屋に伝わることがないよう高価な物は人に見せないこと、第三者を自宅に招くときは貴重品などを目に触れさせないようにするなどの注意が必要だ。

(東海テレビ)

記事 2447 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。