夏休みを利用して若者の新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため東京都が大学に設置したワクチン接種会場が稼働しました。

東京・渋谷区の青山学院大学のキャンパスでは食堂を改装したワクチン接種会場が今日から稼働しました。
都内の大学、短大に通う学生や教職員が対象で、都内在住者は都外の大学に通う学生も接種できます。
ファイザー製のワクチンが使用され東京消防庁の救急救命士も打ち手として参加しています。

接種した青山学院大生:
「自分の通ってる大学で受けれらるというのはありがたいことだと思います」

打ち手の救急救命士:
「ぜひ力になりたいと思って挑んでおります」

この会場では一日最大1500人の接種が可能で、都は夏休みの期間を利用し若者への接種を加速させたい考えです。