岡山・倉敷市の一般社団法人が実用化を目指し、中国の企業から入荷した「空飛ぶクルマ」のテスト飛行が、6月4日 笠岡市で行われた。屋外でのテスト飛行は国内で初めて。

国内"初"屋外でのテスト飛行

全長5.61メートル、高さ1.74メートル。機体の周りには16個のプロペラが付いている。
アメリカやカナダなど世界8カ国、42の都市でテスト飛行を行っている中国製の「空飛ぶクルマ」。

この記事の画像(6枚)

岸下恵介アナウンサー:
今、飛び立ちました。空飛ぶクルマ。一気に30メートルの高さまで上がってきます

屋外でのテスト飛行は国内初で、悪天候の中、無人飛行で約5分間、安定した飛行を見せた。

「物流を変える」思いで購入

この空飛ぶクルマは2人乗りで、自動運転。1回の充電で35km飛行でき、最高時速130kmで飛行できる。また220kmの重さまで搭載可能だという。

倉敷市の一般社団法人MASCが、空飛ぶクルマを開発した中国の企業「EHang」から2020年7月、本体価格 約3,000万円で入荷した。

一般社団法人MASC・桐野宏司理事長:
やはり感激しました。我々、瀬戸内海の島の物流を考えていきたいと思っております。高梁川流域の過疎地に対しても、手を広げてやっていきたい

今後 法的な問題をクリアし、旅客輸送や物資輸送で活用していきたいという。

(岡山放送)