医療従事者や高齢者へのワクチン優先接種が進む中、「賛否が割れる問題」が浮上している。
それは、接種キャンセルで余ったワクチンを、町長など自治体トップが接種している実態だ。

茨城・城里町では4月4月、医療従事者162人を対象にしたワクチン接種が行われた際、12人分のキャンセルが生じ、上遠野修町長や副町長、教育長など町役場の計12人が接種を受けた。
上遠野町長は「キャンセル分を破棄しないために打ったもので、後ろめたさはない」、「診療所の開設者である私も医療従事者の一員。ワクチン接種事業の停滞をさせないため接種をした」と説明した。
同様の自治体トップの接種は、兵庫・神河町や岐阜・下呂市などでも行われており、一部からは「上級国民批判」も起きている。

この問題をどう考えるべきか。

16日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」は、データ放送「dボタン」を活用した視聴者投票を行った。「自治体トップが高齢者より先に接種することを容認できるか」との設問に、回答総数5万5,597を得て、「容認できる64%、容認できない36%」との結果となった。

感染症対策で菅首相のブレーンである内閣官房参与の岡部信彦氏は「ワクチンはいつまでも保管できないですから、身近なところで優先的な人に接種するのは『あり』だと思う」、「細かい話でやっていると、結局、進まなくなってしまうと思う」と述べた。

番組のレギュラーコメンテーター・橋下徹氏は「まずは自治体のトップ、それから総理は真っ先に接種すべきだ」と述べたうえで、今回、批判がおきた背景について「国民から有事の時に『政治家が重要なのだ』と思われていない」からだ、とした。
しかし、茨城・城里町の町長の説明は「政治家の説明じゃない。思想が無い」、「副町長や教育長の接種はダメだ。代わりがいる」と苦言を呈した。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「日本に欠けているのは“非常時の感覚”だ。ワクチンは戦略物資だ。どこの国でも非常時の態勢をとってやっている。だから(日本でも)総理が打つと同時に自衛隊も打たなきゃいけないし、海上保安庁も警察も消防団も、そして各自治体の首長さんも打たないといけない」と強調した。

以下、番組内での主な発言

岡部信彦氏:
余ったワクチンをどうするかというのであれば、捨てるのはもったいないわけですから、いちいち手続きを取っていると、いつまでも保管できないですから、身近なところで優先的な人に接種するのは「あり」だと思う。ただ、優先接種というものをある程度決められている以上は、そこのところも配慮しなくちゃいけないことだし、特定の人が受けたから細かい話でやっていると、結局、進まなくなってしまうと思う。
優先接種というのは、元々新型インフルエンザ対策の時からずっと言ってきたのですが、あんまり細かいところまで決め始めると、誰が偉い偉くないという話になってきてしまい、結局、進まないのですね。
でも、本来ならば、誰がその次の優先であると、ある程度は決めて合意を取っておく必要があると思います。
ちょっと話が長くなりますけれども、アジア型インフルエンザという、世界的なパンデミックインフルエンザなのですが、そのときにはワクチンができた。日本で。しかし優先接種という考え方がなかったので、行政を優先にするのか民意を優先にするのか、困っている方...。圧倒的にいろんなところから申し込みが来てしまって収拾がとれなくなったということが経験的にはあるようです。

橋下徹氏:
余ったワクチンだから、ではなく、まずは自治体のトップ、それから総理は真っ先に打つべきだと思う。事前に説明しておくべきだという声もあるが、(自治体トップの接種が批判されたのは)『有事の時に政治家がこれだけ重要なのだ』というのを、政治家の方がちゃんと国民に知らせることなく、ここまで来てしまった結果だと思う。
最後、政治家とは有事の時にルールとか法制度、これを乗り越えていく。役人とかが「無理です!無理です!」と言ったときも、それを乗り越えていくのが、本来の政治家の役割なのだが、それをこれまでやってこなかったから、国民からすると有事の時に「政治家が重要なのだ」と思われてない。
「ルール、ルール」というところを、何とか政治の力で「こうやって乗り越えて有事対応しているんだよ」ということをしっかり示すことができる政治家であれば、国民の方から「真っ先に政治家に打ってもらわなきゃ困りますよ」となるはずなのに。そういう国に今、なっていないことが残念なところです。
ただこの(茨城・城里町の)町長の説明は、政治家の説明じゃない。思想がないですよ。
「医療従事者だ」とかね、こんな役人みたいな説明してどうするんですか。政治家なのだから、やるのは当然だ、と。しかし副町長とか教育長はダメです。代わりがいる。しかし町長とか知事とか総理は代わりがいないのだから、ここは真っ先に打つ、余って無くても真っ先に打つ、ということをハッキリ言うような政治になってもらいたい。

松山俊行キャスター:
政治家が信頼されている存在であれば、責任者として先に打つことにそんなに異論は出ない、ということだと思いますが。

櫻井よしこ氏:
それと、もう一つ日本に欠けているのは“非常時の感覚”なんですね。ワクチンは戦略物資です。どこの国でも非常時の態勢をとってやっているわけです。だから(日本でも)総理が打つと同時に自衛隊も打たなきゃいけないし、海上保安庁も警察も消防団も、そして各自治体の首長さんも打たないといけない。