最初は「知らない農家の写真に需要あるのか」農作物アピールし話題に…「農カード」が生んだ2つのつながり
FNNピックアップ

最初は「知らない農家の写真に需要あるのか」農作物アピールし話題に…「農カード」が生んだ2つのつながり

東海テレビ
東海テレビ
国内

全国140の農業関係者が参加…名刺代わりにもなる顔写真・生産物・都道府県記載の「農カード」

様々なポージングで自らが育てた農産物をアピール。農家さんの名刺のようなカード「農カード」が、今SNSで話題になっている。

「農カード」は、2020年8月に、愛知県のトマト農家の2代目の男性が発案。現在、全国140の農業関係者が参加し、農業を盛り上げ、消費者に安心して買ってもらうためのツールとして注目されている。

この記事の画像(20枚)

ビニールハウスの中で腕組みをする男性に、作業着姿でレンコンや柿を手にする男性…。脇には、キャッチコピー「農業が繋ぐ、食の未来」の文字。農家さんが、各々のポージングで写真に納まる「農カード」だ。

街の人に見せてみると…。

女性A:
カード見ただけで楽しいですね

女性B:
顔がでるのはいい。誰が作ったかわかるように。イケメンが好きだし…

SNSを中心に話題となっているこの農カードは、2020年8月に、愛知県田原市でミニトマトを栽培する農家「おがわ農園」の2代目・小川浩康さんが発案した。

小川さんの農カードには、ミニトマトを持ち満面の笑みを浮かべる姿が。裏には各々の農園のホームページにつながるQRコードも掲載されている。「顔写真」「生産物」「都道府県」が掲載されており、名刺代わりに使う農家もいる。

小川さん:
たくさんの農家のライバルがいる中で、農カードが販売における差別化に繋がればいいなと思っています

小川さんが作るのは、糖度が高く皮が柔らかい、「サマー千果」という品種。年間40トンを生産し、そのほとんどを地元の市場に卸していた。しかし、新型コロナの影響で出荷は激減。一方、消費者と直接やりとりするネット販売は、前年の2倍に増えた。

そこで、通販サイトで自分の作物を選んでもらえるようにと「農カード」を考案。注文を受けたら、商品と一緒に梱包して発送している。

小川さん:
売上の面で繋がってくれたらいいなと思いますけど、農カードをきっかけに農業界を盛り上がってくれたらいいなと思っています

コロナで厳しい状況の中、少しでも農業を盛り上げたい。その思いが届き、現在は全国140の農業関係者が参加している。

テレビで見た「漁師カード」の農業版を…参加希望者募ると予想を超える140の応募が

きっかけは、既にあった「漁師カード」を知ったことだった。

「漁師カード」とは、約1年前に青森県の農林水産部が作ったカード。「おいしい魚を捕るためには鍛え抜かれた肉体が必要」ということを伝えるため、上半身裸の屈強な姿で漁師たちが写っているカードだ。イベントなどで水産物と共に配布し、広がった。

「漁師カードの農業版を作ったら面白いかも」と思った小川さんは、SNSでその構想をつぶやいた。すると、顔見知りの岐阜県本巣市の柿農家・西垣さんと北海道余市郡のミニトマト農家の川合さんが反応した。

柿農家の西垣さんは、最初は「全く知らない農家のおじさんのプロマイドに、需要なんてあるのだろうか」と懐疑的だったが、話をするうちに、お客さんに「なんだこれ?」って楽しんでもらえるかも、と考えるようになった。

将来の農家を担う30代の若手3人でデザインや仕組みを考え、ネットで参加希望の農家を募ったところ、すぐに70を超す応募が。2020年12月に、2度目の募集をかけると再び70近い応募があり、現在全国140の農業関係者が農カードを作り、野菜と一緒に消費者に送っている。

小川さんも「正直、ここまで盛り上がると思っていなかった」とその反応に驚いた。

カードに表れる生産者の「個性」…スーツ姿からコスプレまでバリエーション豊富の農カード

140の農業関係者が参加しスタートした農カード、そのバリエーションも豊富だ。みかんのコスプレをして、みかんよりも目立つ農家さんや、まるで選挙ポスターのようにスーツ姿できっちり決める米農家さんまで。皆さん、様々なポージングでアピールしている。

スーツ姿のカードを作った米農家:
(コロナ禍で)何か面白いことをして盛り上げていこうと思って。距離が縮まる気がしますよね、消費者との

コロナ禍の今だからこそ、農カードで消費者との距離を縮めたい…。その思いは、しっかりと伝わっていた。

すでに20枚以上の農カードを集めたという女性は、ネット販売を利用するうちにカードが増え、気付いたらカード集めが楽しくなっていたという。

農カードを集めている女性:
どんな人が作ってくれるのかが、わかるっていう点では面白いですし、残さず食べようという気になりますよね

お気に入りは、満面の笑顔でポーズをきめている夫婦2人のカードだ。

同・女性:
なんか楽しそう。楽しくやっている人から買いたいじゃないですか

生産者と消費者を繋ぐ農カードだが、人気になればなるほど気になる問題があった。

「リピーターに同じカードが何度も届いてしまう問題」…追加撮影し4パターン揃えることに

岐阜県海津市でトマトを育てている「こでら農園」の小寺智恵さんは、既に農カードを作っているが、別のカード用に新たな撮影を行っていた。

小川さん:
(リピーターの客にカードを)入れながら、毎回入れた方がいいのか、もう要らないよなと思ったりとか…、すごく複雑…

問題は、注文をリピートしてくれる客に同じカードが届いてしまうこと。小川さんは、これまで1人1枚だったカードを追加で4枚までデザインできることにした。小川さんも背景やポーズを変え、4パターンに。リピーターにランダムでカードを入れることで、集める楽しみを持ってもらえればと考える。

生産者と消費者を繋ぐために始めた農カードが、思わぬ効果も生んでいた。

こでら農園の小寺さん:
消費者さんとの繋がりはもちろんですけど、農家同士の繋がりが勉強になることも多くて。色んな方の活動を拝見して、パワーをもらっています

生産者とのつながりだけでなく、農カードを通して農家同士のつながりも生んでいる。

小川さんは、「最終的には“農カードチップス”のようなお菓子を作り、子供たちが少しでも農業に関心をもってもらえれば」と、未来に思いを馳せている。

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

コロナ禍で縮小する冠婚葬祭 結婚式を1年9カ月延期した夫婦「早…

コロナ禍で縮小する冠婚葬祭 結婚式を1年9カ月延期した夫婦「早…

国内
農業の事業承継を促進へ 後継者いない農家と新規就農者をマッチ…

農業の事業承継を促進へ 後継者いない農家と新規就農者をマッチ…

地域
「甘みがあってコクがある」おいしい牛乳のカギは

「甘みがあってコクがある」おいしい牛乳のカギは"土作り”  酪…

暮らし
食事で免疫力アップ しょうがで体を温め、イカやエゴマで疲労回…

食事で免疫力アップ しょうがで体を温め、イカやエゴマで疲労回…

暮らし
妊婦は重症化しやすい…専門家に聞く「妊娠中のコロナ感染」 中…

妊婦は重症化しやすい…専門家に聞く「妊娠中のコロナ感染」 中…

国内
森を感じる香りと味わい…「アロマオイルの蒸留水」と「低木クロ…

森を感じる香りと味わい…「アロマオイルの蒸留水」と「低木クロ…

国内
一覧ページへ
×