2020年2月3日、横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。乗客が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、乗客・乗員が船内で待機することとなり、3月1日にようやく全員の下船が完了した。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」
この記事の画像(6枚)

現在はまだ多くの国や地域で入国制限されているが、日本国内を巡るクルーズ船は運航を再開している。クルーズ船への不安を払拭できていない人も多いであろう今、どのような対策を取っているのだろうか。

クルーズ専門の旅行代理店クルーズプラネットの代表・小林敦さんに、コロナ禍における業界の現状と、クルーズ船の未来について聞いた。

再開後の国内クルーズは「PCR検査必須」「船医が常駐」

国内を巡るクルーズ船「飛鳥II」が11月2日に運航再開。12月5日には「ぱしふぃっく びいなす」も再開した。これらのクルーズ船では、どのような感染防止対策を取っているのだろうか。

「各社独自の安全基準を設け、日本海事協会の認証を受けたうえで、運航を再開しています。私も再開前のトライアルクルーズに参加したのですが、安全基準はとても厳しく、乗船前のPCR検査は必須。乗船時やレストラン利用時の検温も徹底されていますし、シアターも座席の間隔が空けられています」(クルーズプラネット代表・小林さん)

PCR検査の費用はクルーズ料金に含まれており、一般的には出発の1週間前に検査を行う。「高リスク」「再検査」という結果が出た場合は、同行者も乗船不可となる。この場合のクルーズ代の返金等の対応は会社ごとに異なるため、確認する必要がある。また、航行中に感染者が出た場合に備え、船内に隔離できる部屋を設け、船医や検査技師も乗船しているとのこと。

image

「『ダイヤモンド・プリンセス』の教訓は生きていると思います。クルーズ業界の間では、『すべての乗客・乗員がPCR検査を受けるクルーズは、ほかの宿泊施設や乗り物と比べても安全性が高いのではないか』という話も出てきています」

感染防止対策は細かく行っているものの、まだ国内クルーズが再開し始めた段階。コロナ前のように海外旅行ができるようになり、海外クルーズが再開するまでは、本格的な回復とはいえない。また、「クルーズのイメージを改善する必要もある」と小林さんは話す。

「リピーターの方は運航再開を熱望してくれている一方、クルーズ経験のない方には、『ダイヤモンド・プリンセス』の一件で、クルーズに悪いイメージがついてしまったと感じています。いかに信頼していただくかが、市場回復のカギです」

利用者の不安を払拭するには、現在の感染防止対策の情報を発信し、認知を広げていくことが重要となる。国内クルーズの再開は、その第一歩といえるかもしれない。

半年間停止していたものの、2021年以降の予約は好調

image

徐々に再開していったクルーズだが、コロナ禍においては苦境に立たされていたという。

「2020年3月下旬から、全世界のクルーズ船が運航を取りやめていき、そこから半年近くはすべてストップしている状況でした。私達はクルーズをメインに扱っているので、春から夏にかけてはキャンセルの嵐でした」

小林さん曰く、「コロナ禍になる直前までは、世界的なクルーズブームだった」とのこと。業界が盛り上がりを見せていたところで、新型コロナウイルスが蔓延してしまったのだ。

「各国のクルーズ会社が新しい船を作り、2020年から2021年にかけて、お披露目する予定がたくさんありました。また、2019年の日本人のクルーズ人口(外航クルーズと国内クルーズの合計)は、約35万7000人と過去最高をマークしたのです。東京オリンピックでのクルーズ船活用(ホテルシップ)も話題になっていたので、新型コロナウイルスによる打撃は甚大でした」

クルーズプラネットでは、2020年内の海外クルーズの需要回復は困難だろうと判断し、春から夏にかけて、クルーズ会社と協力して予定より早く2021年のツアーを販売し始めた。その判断が功を奏し、予想以上に反響があったという。

image

「2021年のクルーズに対する反応はかなりいいもので、予約してくれた方の多くはリピーターでした。もともと初めてクルーズに乗船した人の7割程度は再び乗船するほどクルーズのリピート率は高く、コロナ禍においてもリピーターの方からは、『また早く乗りたい』『いつ再開するのか』という声を多くいただいていました」

「ダイヤモンド・プリンセス」の一件を経てなお、リピーターの多くはクルーズ船への思いを募らせていたようだ。「2020年は乗れなさそうだから、2021年に予約する」という人も多かったという。

「現在は再び感染者が増えてきているので、2021年の春頃の予約は減ってきていますが、2021年秋以降から2022年にかけての予約が伸びてきています。クルーズ会社と一体となり、お客様の期待に応えたいです」

今後の課題は「感染防止対策」と「クルーズの醍醐味」の両立

image

「現在は、感染防止対策を厳しく行うべきです。そして、今後感染者が減った際には、対策とクルーズの楽しみのバランスを取ることが重要になると考えています。というのも、クルーズの旅を楽しもうとすると、“3密”になりかねないからです」

クルーズの醍醐味といえば、船内での出会い。長い間、同じ船内で過ごす旅行者が知り合い、食事をしたり、ダンスをしたり。そんなコミュニケーションを取れるような工夫も、考えていく必要があるのだ。

「現在の対策を知り、『それなら安心』と予約してくださるお客様がいる一方で、『そこまで厳しいとクルーズが楽しくなくなる』と考え直すお客様もいます。対策を取ったうえでどう元の形に戻していくか、これからクルーズ業界全体で考えていかなければいけないところです」

段階を踏みながら、回復への道を進み始めているクルーズ業界。Withコロナの時代に快適な船の旅を提供するためには、感染対策をしながら一歩、一歩前に進んでいくしかない。

取材・文=有竹亮介(verb)

クルーズプラネット:https://www.cruiseplanet.co.jp/