木村 太郎のNon Fake News

理屈はあとから考える。民主主義とは思惟の多様性だと思うから。考え方はいっぱいあったほうがよい。違う見方を提示する役割、それが私がやってきたこと。

「米国を救え」2024年大統領選にらみトランプ氏始動 初戦州での集会は再出馬のシグナルか

「米国を救え」2024年大統領選にらみトランプ氏始動 初戦州での集会は再出馬のシグナルか

木村太郎
ワールド
被害者の人種によってマスコミの扱いが異なる?「白人女性行方不明症候群」を考える

被害者の人種によってマスコミの扱いが異なる?「白人女性行方不明症候群」を考える

木村太郎
ワールド
習近平氏が鄧小平氏の「先富論」を否定...「共同富裕」で進む“文化大革命2.0” 

習近平氏が鄧小平氏の「先富論」を否定...「共同富裕」で進む“文化大革命2.0” 

木村太郎
ワールド
FBIへの虚偽証言でクリントン陣営弁護士を起訴 2016年米大統領選挙から5年・・・“ロシア疑惑”で新たな動き  

FBIへの虚偽証言でクリントン陣営弁護士を起訴 2016年米大統領選挙から5年・・・“ロシア疑惑”で新たな動き  

木村太郎
ワールド
タリバンはイスラエルの民の血を引く?   “共通点”は関係改善の基礎になるのか

タリバンはイスラエルの民の血を引く? “共通点”は関係改善の基礎になるのか

木村太郎
ワールド
バイデン氏に投票の5人に1人が「後悔」  “対抗馬ナンバー1”はいまだトランプ氏

バイデン氏に投票の5人に1人が「後悔」 “対抗馬ナンバー1”はいまだトランプ氏

木村太郎
ワールド
バイデン大統領がタリバンを過小評価...「最悪の事態」想定せずに撤退進めた結果か

バイデン大統領がタリバンを過小評価...「最悪の事態」想定せずに撤退進めた結果か

木村太郎
ワールド
新駐日大使は“シカゴ史上最も不人気な市長”  日本は歓迎できるのか?

新駐日大使は“シカゴ史上最も不人気な市長” 日本は歓迎できるのか?

木村太郎
ワールド
ホワイトハウスのマルチ画面に「CIA」の文字がくっきり!アフガン対策会議中に機密情報がダダ漏れ

ホワイトハウスのマルチ画面に「CIA」の文字がくっきり!アフガン対策会議中に機密情報がダダ漏れ

木村太郎
ワールド
アフガニスタン政権の崩壊はバイデン大統領の「命取り」に? 1975年のサイゴン陥落を彷彿…歴史は繰り返すか

アフガニスタン政権の崩壊はバイデン大統領の「命取り」に? 1975年のサイゴン陥落を彷彿…歴史は繰り返すか

木村太郎
ワールド
トランプ氏が“影の内閣”を結成 「再出馬への最大の兆候」でバイデン政権を揺さぶり

トランプ氏が“影の内閣”を結成 「再出馬への最大の兆候」でバイデン政権を揺さぶり

木村太郎
ワールド
バイデン政権に「黄信号」 政策の“左旋回”が影響か 今後の鍵はインフレの行方

バイデン政権に「黄信号」 政策の“左旋回”が影響か 今後の鍵はインフレの行方

木村太郎
ワールド
CNNが初のニュースストリーミング“サブスク”放送を新設へ 「CMなし」への挑戦

CNNが初のニュースストリーミング“サブスク”放送を新設へ 「CMなし」への挑戦

木村太郎
ワールド
「犯人らしい者は犯人ではない」ハイチ大統領暗殺事件をめぐる謎 当時警備員らは何をしていたのか...

「犯人らしい者は犯人ではない」ハイチ大統領暗殺事件をめぐる謎 当時警備員らは何をしていたのか...

木村太郎
ワールド
原爆級の破壊力を持つドローンの「群れ」作戦 “新たな大量破壊兵器”をイスラエルが初めて使用か

原爆級の破壊力を持つドローンの「群れ」作戦 “新たな大量破壊兵器”をイスラエルが初めて使用か

木村太郎
ワールド
アフガニスタンは「帝国の墓場」 米国、旧ソ連、大英帝国などの超大国がなぜ最貧国に屈したのか

アフガニスタンは「帝国の墓場」 米国、旧ソ連、大英帝国などの超大国がなぜ最貧国に屈したのか

木村太郎
ワールド
トランプ氏遊説再開の狙いは“裏切り者”退治 自身は出馬せず「トランプ下院議長」へ?

トランプ氏遊説再開の狙いは“裏切り者”退治 自身は出馬せず「トランプ下院議長」へ?

木村太郎
ワールド
「UFOは本物で脅威だ」米軍が報告書提出へ 米軍の1000年先をゆく“驚異の技術能力”

「UFOは本物で脅威だ」米軍が報告書提出へ 米軍の1000年先をゆく“驚異の技術能力”

木村太郎
ワールド
予算案から「母親」が消え「出産する人」と書き換え 米の“言葉狩り”加速で「アーメン」が「アーウーメン」?

予算案から「母親」が消え「出産する人」と書き換え 米の“言葉狩り”加速で「アーメン」が「アーウーメン」?

木村太郎
ワールド
米国が武漢研究所に資金援助していた?! 新型コロナ対策責任者のメールで明らかになった「危険な研究」

米国が武漢研究所に資金援助していた?! 新型コロナ対策責任者のメールで明らかになった「危険な研究」

木村太郎
ワールド
×