【コレ英語で言えますか?】においを「見える化」!

カテゴリ:ワールド

“○○ハラ” 何個思い浮かびますか?

セクハラにはじまり、パワハラ、モラハラ、スモハラ、マタハラ…。

なにをするにも、ハラスメントが気になるご時世。

自分はハラスメントをしているつもりがなくても、相手がそう感じてしまえば問題になることもあります。

言動であれば注意できますが、まさか生きているだけで発する体臭もハラスメントの対象に!?

あなたは大丈夫ですか?

【記事】気になる「におい」を“見える化” セルフチェックでスメハラ撲滅!

見える化って英語でなんて言うの?

気になる「におい」を“見える化” セルフチェックでスメハラ撲滅!
Making body odor visible can tackle smell issues.

【解説】
ここでは「見える化」と言う表現に、
make something visible (可視化する) を使います。

他にも、
to visualize で同じ意味で使うことができます。

ビジネスでも、商品と消費行動の関係性を「見える化」したい、といった場合に「データ化」という言葉もよく使います。
その場合は、
digitize (デジタル化・値化する)が使えます。

同義語として、
digitalize (デジタル化)もありますが、厳密に2つは少しニュアンスが異なります。

digitizeは紙などアナログなどを電子化してデータにする「デジタル化」を意味し、
digitalizeはその「電子化する技術」を使ってビジネスに新たな価値を生み出すことを意味する「デジタル化」です。

またアイデアを「見える化」する時は、
make it tangible (有形化する)や、
realize something (何かを現実化する)も使えます。

あなたが見える化したいものは?

【例文】
本心を見える化する装置があれば、彼女の本当の気持ちがわかるんだけどなぁ。
I wish I had a device to visualize people’s real thought, so I know her true feelings.

日本人特有の建前と本音がありますが、本音を知るのって少し怖いですよね。
知らないほうが幸せなことも。。。


それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第61回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る

コレ英語で言えますかの他の記事