【コレ英語で言えますか?】「スケルトン」なカタツムリ?

カテゴリ:ワールド

カタツムリの世界にも「コスパ」の概念が!

兵庫県で男性がみつけた殻が「透明」なカタツムリ。

こちらは日本の固有種で「コハクオナジマイマイ」という種です。

実はこの殻は、色をつけていないわけではなく、殻が薄いために本体が透けて見えるようです。

カタツムリと言えば、殻に閉じこもって身を守るイメージですが、このカタツムリはなぜ敢えて殻を薄くしたのでしょうか?

神秘的な理由と思いきや、実は「コスパ」が理由のようです。

【記事を見る】“スケルトン”なカタツムリ発見!色が薄い理由はコスパだった!?

「スケルトン」って英語でなんて言うの?

スケルトン”なカタツムリ発見!色が薄い理由はコスパだった!?
Translucent snails have been found! Being pale is cost-efficient for them?


【解説】
ここでは「スケルトン」と言う表現に、
translucent (半透明な)を使います。

スケルトンは日本語で「透けて見える」ものを指すことが多いですが、
skeletonは骨組み・骸骨を意味をするので、ニュアンスが異なります。

他にも、transparent (透明な)も使えますが、
translucent よりも透き通って向こう側がクリアに見えるニュアンスです。

同じ意味で、see-through (透けて見える・薄手の・見通す)も使えます。
日本語で「シースルー」はファッションなどでもよく耳にします。


「コスパ」という表現は、第26回もチェック!

cost-effectiveness (費用対効果) 、
good cost performance (コスパがいい)、
poor cost efficiency (費用効率の悪さ) 、
good value for money (値段の割に良いもの)、
など様々な表現方法があります。

比喩表現の際には注意!

【例文】
彼女はシースルーのトップスを着ていたので、透き通るような肌がみえてドキドキした。
Her see-through top exposed her clear skin and it made me blush.

すきとおるような肌は本当に透き通っているわけではない(そうだとすると透明人間です)ので、
こういう時はclear skin を使うんですね!

それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第57回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る

コレ英語で言えますかの他の記事