世界中に広めたい…野菜の生きる力を高めるオーガニック農法

株式会社いかす 代表取締役・白土卓志さん

  • 人材派遣会社から4年前に農業の世界へ
  • 肥料を使わず野菜の生きる力を高める農法に出会う
  • ネット販売やレストランも展開

「オーガニック野菜」がスーパーに並んでいると、「なんとなく体に良さそう」と思って手に取っている人も多いかもしれない。

そんな中、“地球にも優しい”オーガニック野菜を育てる活動を行う企業がある。

いつか世界中の食卓に

東京大学卒業後、15年間人材派遣会社に勤めていた株式会社いかす代表取締役の白土卓志さん。

学生時代に書いた「未来日記」に従い、4年前に農業の世界に飛び込み、農薬も化学肥料も使わないオーガニック農法に出会った。

それは、畑の土に木のチップやワラを混ぜる農法で、白土さんは「農業は肥料をやって育てることがベースにありますが、僕らはそういうのを使わない。(木のチップやワラに)微生物がやってきて畑を耕してくれて、植物も育っちゃうサイクルです」と説明する。

この農法は、土の中の微生物の量を増やし、生態系を活性化させることで、野菜本来の生命力を高めることができるという。丈夫に育った野菜には虫が付かず、収穫量も安定するという。

農法を広く伝えたいと勉強会「サステナブル・アグリカルチャー・スクール」も開いている。

参加者は「ここで学んだことを実践できればと思います」と話した。

ネット販売やレストラン展開も行い、白土さんはオーガニック野菜が世界中の食卓に並ぶ日を夢見ている。

白土さんは「食材がこのまま地球を支えられるのか、みたいな話がよくあると思います。その解決のヒントがこの畑にあるような気がします。それをやっていきたいです」と意気込んだ。

株式会社いかす
https://www.icas.jp.net/

「フューチャーランナーズ~17の未来~」
フジテレビ 毎週水曜日22:54~23:00放送中(関東ローカル)
BSフジ 毎週土曜日 21:55~22:00放送中
■動画はこちらから
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html


SDGs


SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html

フューチャーランナーズ~17の未来~の他の記事