“主婦業”に定年はない。熟年離婚にもつながりかねない、定年後の夫の間違った考え方

「人生100年時代」を考える。

カテゴリ:暮らし

  • 夫の定年は一区切りではなく、人生最大の正念場
  • 「家事は妻が行うもの」という思い込みは捨てるべき
  • 家事に定年はない分、老後は“主体的な分担”を心がける

「人生100年時代」という言葉が一般化されつつある現代。「老後」は、もはや第二の人生のスタートとも言える。長く人生をともにしてきた夫婦にとっては、新しい日々の幕開けだ。

定年を迎える夫は、余暇ができたことで、新しい趣味を謳歌できるかもしれない。激務の毎日から解放され、本当にやりたかったことを見つめ直すいい機会だ。……では、妻は?

「主婦業」には定年など存在しない。朝昼晩とご飯を作り、部屋の掃除をし、ごみ捨てをする。洗濯機をまわし、お風呂に湯を張り、布団を干す。主婦業とは、日々の営みのこと。そこに定年などあるわけがない。

そこで考えておきたいのが、定年後の夫婦関係について。これを一歩間違えれば、熟年離婚にもつながってしまう。『妻語を学ぶ』や『定年夫婦のトリセツ』など、人気エッセイの著者である黒川伊保子さんに話を聞いた。

専業主婦とは「一生、家庭内のすべてを担当する」という約束ではない

「定年」は人生の一区切り。そう考えている男性陣に対し、黒川さんは開口一番釘を刺す。

「一区切りなんかではなく、人生最大の正念場です。確かに、専業主婦の妻を持つ働く男性にとっては、定年がひとつの区切りになるのでしょう。『やるべきことから解放される』と思う人もいるかもしれない。でも、その考え方自体が問題です」(黒川伊保子さん、以下同)

定年を一区切りと考えてしまうのは、家庭内での仕事と会社での仕事を区別している証拠。しかし、働く女性や、そういった女性を妻に持つ男性の多くは、そうではないという。

「妻も夫も仕事を持っている家庭の場合、日々時間に追われながらも、家事と仕事をパズルのように組み合わせて奮闘しています。そのため、定年を『タスクがゼロになる地点』だなんて、夢にも思わないのです。先に定年を迎えた方が、家庭内のタスクをいくらか多めに引き受けてあげる。そういった家事の切り出しが上手に行えるので、ともにバリバリ働いてきた夫婦は、定年後もいい関係性が築けるでしょう」

一方で、「定年後問題」が起きてしまうのは、家の仕事と会社の仕事を別物だと思っている夫婦において。「外はぼく、中はきみ」という考え方が原因だ。

「家事は生きている以上、免れることができません。歯を磨き、お尻を拭くのと同じこと。専業主婦とは、外でバリバリ働きたい夫のために、『私は彼を支えたいし、外仕事への情熱はそれほどないし、子どもが可愛いし、夫は家事が下手だし』という妻が、外の仕事を捨てて、家事を一手に引き受けた“一時的状態”。一生、家庭内のすべてを担当するという約束をしたわけではない。定年退職を機に、夫も家に入るのであれば、妻の家事が軽減するのは当たり前のことです」

「家事への他人事ぶり」が露呈してしまうと、熟年離婚の危機も

定年退職をした夫はタスクが減る分、妻が一手に担ってきた家事をいくらか引き受けて然るべきだ。しかし、「家事は妻が行うもの」という意識が根付いてしまっている夫にとって、それは難しい。明確な意識改革を行わない限り、自分だけが余暇を楽しむ、という状況に陥ってしまう。そんな日々の延長線上にあるのが、“定年後の離婚”だ。

「それまで、家事も人生もわけあってきた夫婦の関係は、定年後もなにも変わりません。ただし、“家事は妻の仕事”と思い込んできた夫は、定年後の妻にうんざりされてしまう可能性が高い。たとえば、『今日のお昼はなに?』と聞いてくる夫。この“家事への他人事ぶり”に妻は絶望していくのです。これが本来の“チーム体制”ができていれば、『今日のお昼はどうしようか?』と主体的な聞き方になりますから」

定年を迎え、時間ができたにも拘わらず、いつまでも家事を妻に任せっきりにしてしまうと、やがて妻は爆発する。「この人は、なぜここにいるの?」「一緒にいる意味がわからない」という気持ちが膨らみ、離婚へのトリガーが引かれてしまうのだ。

それを未然に防ぐためにすべきことは、単純明快。

「“妻が主婦”という考え方を見直すだけ。夫婦とは家事をこなすチームであり、妻はリーダーです。だからこそ、定年後はふたりで“主婦”になること。“妻の仕事を軽減させるための分担”ではなく、“本当に、主体的な分担”をする気持ちでいることが肝心なのです。ただし、男女は脳の使い方が違うため、そこでぶつかってしまうことはありえます。

たとえば、女性は『暗黙の了解で、なんとなく半分できる』と思ってしまうのですが、男性は説明されなければ理解できません。そこで無用な衝突を防ぐために、夫側から『これを確実にこなしてくれたらうれしいっていうタスクはある?』と申し出ることをおすすめします。“お風呂掃除担当”、“在庫管理担当”、“ベランダ担当”、“蕎麦茹で担当”のように、細かく担当を決めてしまうのもいいでしょうね」

定年後の不安を感じている人へ

ここまで読んで、定年後に不安を感じている人もいるかもしれない。しかし、黒川さんは最後にやさしくこう諭す。

「夫は妻に弟子入りをするつもりで、まずは彼女のやり方を遵守してみましょう。すると、妻の家事能力の高さに加え、人間性の高さまで感じ取ることができて、尊敬し直すはずです。逆に妻は、夫が“妻のやり方を受け入れた後での工夫”に目を凝らしてみて。きっと、夫が外で培ってきた合理性・客観性を楽しむことができます。お互いの“それまで”を尊重し合うことで、最高のチームが結成でき、そこから先の長い時間を豊かに過ごせるのです。

そして、夫側にばかり厳しいことを言ってしまいましたが、妻にも一言。夫の定年後、少し落ち着いたら、ふたりで夫の通勤電車に乗ってみたり、ランチに通っていたお店を訪れてみたりしてください。そこで夫が黙々と働いてきた時間を感じることができれば、彼の人生も心で受け止めることができると思います。そうすれば、その先のふたりの道のりも、やさしくなるのではないでしょうか」

夫の定年は、夫婦の関係を見つめ直す、新たな出発のとき。バラバラになってしまうのか、信頼を結び直し、強固な絆を築くのか。それは夫側の意識にかかっているのだろう。

黒川伊保子さん

取材・文=五十嵐 大
取材協力=黒川伊保子
http://ihoko.com/

「人生100年時代を考える。」特集をすべて見る!

「人生100年時代」を考える。の他の記事