「体操のお兄さん」が教える「親子体操」

お家で全身を使って遊べる「親子体操」を紹介。
先生は、「体操のお兄さん」こと佐藤弘道さん。
医学博士でもある佐藤さんは、親子のふれあいを大切にした体操を普及している。

この記事の画像(10枚)

子どもの運動能力の向上、親のストレス解消にもなる親子体操。
東京からリモートで、広島・安芸高田市在住の岸田茉麻さん、桃果ちゃん親子に教えてくれた。

佐藤さんの「おうちで元気に親子体操!」の掛け声の元、スタート!

掃除機に“なりきって”支持力を鍛えよう

今回のテーマは「なりきって遊ぼう」。
最初は、「ゴーゴー掃除機」に挑戦!

大人が子どもの足を持って、手押し車で前に進む。
「1・2、1・2」と声を出しながら、岸田茉麻さん・桃果ちゃん親子がチャレンジ。

佐藤弘道さん:
手をつく遊びをすると、自分の体を支える『支持力』ができるので、ぜひ腕の力を強くしておいてあげてください

「UFOキャッチャー」になりきって、背中を鍛えよう

続いて、なりきるのは「UFOキャッチャー」。
大人が子どもの胸とお腹を支えて持ち上げる。

子どもは大人のお腹にしっかり足を絡め、ぎゅっと離れないようにして、色々なものを運ぼう。
「うぃーんがしゃ、うぃーんがしゃ」という佐藤さんのコールの中、チャレンジ!

佐藤弘道さん:
背中の力が強くなりますので、長い時間いい姿勢で椅子に座っていられるんですね。
いい姿勢で椅子に座れるということは、お勉強が長く集中できるということなので、ぜひこういう背中を鍛えるような遊びをおうちでしてください

佐藤弘道さん:
楽しかったですか?

桃果ちゃん:
楽しかった!

岸田茉麻さん:
また子どもと楽しんでやろうかなと思います

最後に、佐藤さんからメッセージ。

佐藤弘道さん:
コロナウイルスに負けないように、親子で一緒に沢山体を動かしましょう。みんなで乗り切ろう!

(テレビ新広島)

テレビ新広島
テレビ新広島
メディア
記事 333