「脱プラ」で“レジ袋有料化”…お買い物も新しい生活スタイルに

この記事の画像(9枚)

法律の改正に伴い、7月から全国すべての小売店でレジ袋の有料化が義務付けられるが、松坂屋名古屋店では、先行して6月1日から有料化された。

先行実施を始めた松坂屋の狙いは…

容器包装リサイクル法の改正により、7月1日から全国の小売店で義務付けられるレジ袋の有料化。
松坂屋名古屋店では、6月が環境省が定める「環境月間」ということもあり、先行して実施することになった。

買い物客:
(マイバッグを)持っていなかったので、この袋をお願いしました

別の買い物客:
20円って大きいので、これからは(マイバッグを)持っていきます

有料化されたレジ袋は、縦40センチ・横26センチのMサイズが3円。

一回り大きなLサイズは5円。紙でできた食品用の手提げ袋は、それぞれ15円と20円。

松坂屋名古屋店の広報担当者:
レジ袋を有料にすることが目的ではなく、資源を守って環境を守ることが目的ですので、マイバッグを持ってご来店いただくことを期待しています

背景にあるのは、プラスチックごみの問題。
プラスチックは丈夫な反面、自然に分解されず、ゴミとなり海岸に打ち上げられるなど、環境に与える影響が深刻化している。

2019年に政府がまとめた目標では、30年までに使い捨てプラスチックを25%減らすことなどを掲げている。

“紙ストロー”“サトウキビ素材の保存袋”…脱プラのヒット商品も

脱プラスチックの取り組みに、いち早く反応したのが欧米の企業。
コーヒーチェーン「スターバックス」は、2020年1月から一部店舗で、プラスチックストローをやめて紙ストローに。

スウェーデン発祥のIKEAでは、販売される食品などを小分けにする保存袋を、プラスチックからサトウキビに素材を変更、世界中で年間14億枚も売れる人気商品になった。

「卒レジ袋」でコンパクトにたためるオシャレな携帯バッグ

松坂屋名古屋店でも、5月20日から「卒レジ袋」のコーナーを展開。
小さく折りたたまれたこちらのバッグは、広げると買い物かごほどの大きさに。

さらには、防水加工された機能的なものまで、約100点が集められている。

地球にやさしい新たなお買い物スタイル。レジ袋の有料化は、松坂屋豊田店でも始まっている。

(東海テレビ)