「Mining Furusato」では、広島県内にある23市町の町おこしなどの地域情報をお届けする。
今回ご紹介するのは広島県沿岸部のほぼ中央にある竹原市。
竹原市企画政策課の南谷誠一さんに町の魅力を伺う。

竹原市のマスコットキャラクター「かぐやパンダ」

ーー写真にパンダが写っていますが、パンダが好きなんですか?

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
これがですね、竹原市のマスコットキャラクターで「かぐやパンダ」といって竹とパンダをモチーフにしたマスコットキャラクターになってます

竹原市企画政策課・南谷誠一さん

――まず、竹原市の概要を教えてください

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
竹原市の人口は、3月末現在で24884人で面積は、約118平方キロメートルです。さらに、広島空港や山陽自動車道からのアクセスもよくコンパクトながら機能的な町になっています

江戸時代にタイムスリップ

――竹原市の魅力を教えてください

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
たけはら町並み保存地区。江戸時代に塩づくりや酒づくりで栄えた豪商の屋敷や由緒ある寺が建ち並ぶ美しい町並み保存地区は、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分になります

ーー大林宣彦監督の映画『時をかける少女』のロケ地になったことも有名ですね

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
そうですね。映画『時をかける少女』でもお馴染みのスポットが、こちら、胡堂です

ーー胡堂はどんなシーンですか?

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
瓦が落ちてくる場面ですね。「時をかける少女」は尾道三部作の1つと言われているんですけども、実は竹原ロケもたくさん行われたんです

――竹原市の魅力、続いては?

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
竹の町。竹原市は地名からもわかるように、竹林が多く、竹の町としても知られています

ーー竹細工なども作られていますよね

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
そうなんです、その最たるものが、マツダスタジアムの外野スコアボード裏のコンコースにある竹のトンネルです。竹原市竹工芸振興協会を中心としたメンバーが地元で250本の竹を切り落とし加工。その加工済みの竹をマツダスタジアムに持ち込み、2日かけて、トンネルを作りあげたんです

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
毎年行っており、2020年で10年になります

人気漫画GTOとコラボする酒蔵も

ーーお酒も美味しいというイメージがありますが

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
はい、竹鶴酒造・藤井酒造・中尾醸造の3蔵があります。そのなかでも、今、話題になっているのが、藤井酒造が人気漫画「GTO」の作者・藤沢とおる氏と藤井酒造の地酒「龍勢」のコラボ企画を行った

ーー人気漫画と地酒のコラボですか?

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
GTOの主人公、鬼塚英吉をイメージした辛口の特別純米酒でラベルは、藤沢先生による完全書き下ろしなんです

ーー作者・藤沢とおる氏とはどういった縁で?

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
今回の企画は2018年7月の西日本豪雨で浸水した酒蔵に、藤沢とおる先生が訪れたときに「何か力になれないか」という一言がきっかけで始まりました。2020本の限定販売で、売り上げの一部は西日本豪雨災害の復興支援プロジェクトとして竹原市に寄付されます

ーーこのお酒は入手可能ですか?

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
(個数に限りがありますが)オンラインショップで手に入れられます

――最後に一言、お願いします

竹原市企画政策課 南谷誠一さん:
2020年度から、竹原市シティプロモーションの推進のため、新たにプロモーション推進担当を設置しました。新型コロナウイルスが収束したあかつきには、竹原市に遊びに来てください。

(テレビ新広島)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】