大晦日、札幌市の住宅街でヒグマが目撃された。

この記事の画像(19枚)

雪の上には、くっきりと足跡が残っている。
市の担当者によると、足跡は長さ12~13センチで、大人のクマとみられている。

自宅のリビングからクマを目撃したという男性は、自宅の前方にある建物を指さし、「あそこから建物の影の方に、クマがゆったりと走って行った。2メートルより大きいのかなって感じですね」と話した。

クマは、その後も近くで相次いで目撃され、札幌市などは注意を呼びかけている。

トルコでも…ヒトの生活圏にクマの“群れ” 原因は暖冬?

クマの出没は、日本だけではない。

トルコのゴミ捨て場では、顔を下に向け、エサを探すヒグマの“群れ”が目撃された。

住宅街を悠々と走り、ごみ箱をひっくり返す
住宅街を悠々と走り、ごみ箱をひっくり返す

さらに、住宅街を走り抜け、ごみ箱をひっくり返すクマの姿も見られた。

野良犬に囲まれても見向きもせず、ごみをあさり続けるクマ
野良犬に囲まれても見向きもせず、ごみをあさり続けるクマ

野良犬が集まり、クマに向かって吠えても見向きもせず、ごみをあさり続ける。

本来は11月ごろから冬眠しているはずのクマだが、地元メディアによると、今シーズンは雪が少なく暖かいため、冬眠していないということだ。

(「イット!」2023年1月4日放送より)

記事 2492 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。榎並大二郎と宮司愛海が最新ニュースを丁寧にお伝えします。