ソフトバンク✕Bリーグによる5G動画サービス

プロバスケット・宇都宮ブレックスの田臥勇太選手が向かったのはコートではなくクロマキーと呼ばれる場所。

宇都宮ブレックス・田臥勇太選手

新型コロナウィルスの影響でシーズン途中で打ち切りとなったプロバスケットボールBリーグだが、今展開しているのが、ソフトバンクとタッグを組んだ5G を駆使した新たな動画サービスだ。

5G を駆使した動画サービス

その一つがこれ。突然スマートフォン上に選手が現れ、ドリブルを披露。
これはARを用いた選手達によるスキル動画だが、これまでのARとは大きな違いが。

ARを用いた選手達によるスキル動画

ソフトバンクスポーツ企画部・関戸淳文部長:
単純に3Dの映像だけではなくて選手をぐるりと回していただいたり、大きくしたり小さくすることでプロの間近なプレーをより細かく見ることができるサービス。

スマートフォンのアプリで利用でき、録画機能で選手の動きを真似することも可能でSNSと連動させた企画も展開している。

5G活用でマルチアングル観戦

マルチアングル観戦やVR観戦なども

さらに、一部の地域でサービスが開始された5Gもすでに活用をはじめ、今までの試合を様々なアングルで観戦したり、臨場感溢れるVR観戦など人それぞれの自由な楽しみ方を提供している。

VR観戦

B.LEAGUE 大河正明 チェアマン:
日頃Bリーグを見ていないスポーツ全般のファンの方がこれをきっかけにBリーグの試合映像を見ていただける。
極端にいうと来シーズンまだコロナ問題がどうなるかわからない。場合によってはシーズン1試合もできなくても、リーグとクラブと選手が生き延びていける、そういったことをSNSなどを使ってマネタイズも含めたことができないか、チャレンジしていく時期に来ていると思います。

B.LEAGUE大河正明チェアマン

B.LEAGUE EVERYWHERE”と題されたこのサービス。
新技術がもたらす新たな魅力は苦境に立たされるスポーツ界が前進するヒントとなるのだろうか。

B.LEAGUE 大河正明 チェアマン:
スポーツの良さを広く国民の皆様に知っていただかないといけない。それをどういうふうにやっていくかというとやはり“B.LEAGUE EVERYWHERE”のような技術とSNSを使ったいろんな意味での広まりにチャレンジしていくしかないんだろうなと思っています。

オンラインに最適化して価値を提供し直す

三田友梨佳キャスター:
Bリーグの新たな取り組みを石倉さんはどのようにご覧になりますか?

(株)キャスター取締役COO・石倉秀明氏:
オンラインならではのBリーグの取り組みというのはこれからの時代を生きるヒントになるのではないかと思います。
今リアルで仕事をされている方達からオンラインで仕事がそのままできないかと相談をいただくことがたくさんありますが、リアルでやっていたことをただオンラインに載せ替えるだけだと価値を発揮するのは難しい。必要なことはオンラインをいかに最適化できるかだと思います。リアルでやっていた仕事やサービスの価値の要素を分解してその中でオンラインで提供できる価値は何なのかを見極めて、パッケージし直してオンラインに最適化して提供し直すことが大事だと思います。

三田友梨佳キャスター:
オンラインに最適化するというのは具体的にどういうことが挙げられますか?

(株)キャスター取締役COO・石倉秀明氏:
例えば美容師さんからの相談では、オンラインで髪を切るのは難しい。ただ美容師が提供している価値の中には髪質に合わせたシャンプーだったり手入れの仕方をオンラインでアドバイスしていくことができますし、セルフカットやメークをオンラインで教えることもできる。これを繰り返すことで既存の客をつなぎ止めることにもなるし、新しいお客さんを獲得するヒントにもなると思います。

三田友梨佳キャスター:
大変な状況においては環境の変化に柔軟に応じてやり方を変えることも厭わない姿勢というのが新たな価値を見いだすことに繋がるのかもしれません。

(「Live News α」5月19日放送分)