新型コロナの影響で困窮する学生

バイトができずに収入が激減。新型コロナウイルスの影響で学業ばかりか日常生活も脅かされる学生が急増している。先が見通せず、途方に暮れている困窮学生を取材した。

阿部景之さん:
今までは、飲食(のアルバイト)やってたんで、飲食も調べているし、ちょっと飲食以外のもないかなと思って調べています

パソコンの画面を真剣に見つめるのは九州大学芸術工学部4年の阿部景之さん(21)。最近の日課はアルバイト探しだ。

阿部景之さん:
なるべく日雇いとかのほうがいい

4月の緊急事態宣言後、アルバイト先が休業してしまったため、今の収入はゼロ。埼玉県にある実家からの仕送りは毎月3万円ほどで、ひと月、多いときで8万円ほど稼いでいたバイト代で生活費を賄っていた。

阿部景之さん:
今はもう、お札はないですね、硬貨だけ

ーー何円くらい?

阿部景之さん:
381円

今は、残り2万円ほどの貯金を切り崩す生活で、出費を抑えるために節約しているという。

阿部景之さん:
暑いですね

気温が高い日は、窓から入る風を頼りに空調は止めたまま。照明は、人が訪ねて来たときは点けるものの、1人のときは灯りを消して生活している。さらに…

阿部景之さん:
これは中高(生時代)にめちゃくちゃはまってたカードゲームで、今ちょっと収入がない状態なので、本当に生活が苦しくなったらこういうのを売って生活費に充てようかなと

母親に買ってもらったという大切なカードゲーム。5つ上の兄と一緒によく遊んだ思い出の品を売る覚悟だ。

ーー何を作るんですか?

阿部景之さん:
きょうはエビチャーハンを作ろうかなと思っています。冷凍のエビが意外と安くて火を通すとおいしいんで

特売で買った安いエビと少量のネギを炒めて作る節約レシピ。光熱費も無駄にできないと3分ほどで調理した。

阿部景之さん:
いただきます。うまいです

外出自粛で家にこもりがちな上、ただ貯金だけが減っていく毎日。先行きも見通せない中頼みの綱は、来月以降、振り込まれる予定の特別定額給付金だ。

阿部景之さん:
10万って結構な額だと思うんで、一人暮らしの学生だったら多分十分。何も気兼ねなく人と会えて、普通に遊びに行けて、普通に仕事もできてっていうコロナが始まる前の普通の生活に戻ってほしい

東京の学生団体が全国の大学生など1200人から回答を得た調査によると、コロナ不況の影響で約2割の学生が「大学を辞めることを考えている」と回答したという。

政府は5月19日の閣議で、感染拡大の影響で生活が厳しくなっている学生を対象に最大20万円を給付することを決めた。対象は大学院生を含む学生で、特に経済状況が厳しい場合は20万円、それ以外は10万円を給付する方針だ。

窮地に立つ学生たちに1日も早く支援が届くことが待ち望まれている。

(テレビ西日本)