黒い胴体が特徴の特定外来生物、ツマアカスズメバチ。
福岡で定着してしまうのを防ぐため、巣を探して駆除する必要があるが、果たして巣は見つかるのか。

2022年に入り、ツマアカスズメバチが県内で見つかる

福岡・久山町の草むらで、何かを探す男性。九州大学農学部で昆虫学などが専門の上野准教授だ。

この記事の画像(21枚)

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
この小さいの、コアシナガバチっていうハチなんですよ。この花が好きなので、オオスズメバチとかキイロスズメバチとか、コガタスズメバチも来る

上野准教授は、学部生の頃からハチの研究を始めて約30年。ハチのスペシャリストなのだ。

そんな上野准教授が、この日探していたのは…

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
ツマアカスズメバチが、この場所に来ていないかを調べています。このすぐ近くの山と、あっちの方でツマアカスズメバチが見つかっているんですよ

特定外来生物に指定され、駆除が急がれるツマアカスズメバチ。
体長は2~3cm。胴体が黒っぽいのが特徴で、南アジアなどが原産だとされている。同じハチの仲間のミツバチを襲うなど、生態系に悪影響を及ぼす恐れがあるのだ。

ツマアカスズメバチは、日本国内では2012年に初めて長崎・対馬で発見。
福岡県内では2022年に入り、4月下旬から5月上旬にかけて福岡市東区と久山町で女王蜂が相次いで見つかり、久山町ではオス1匹も確認されていた。

その後、報告が途絶えていたが、8月上旬から15日にかけて久山町付近で行われた調査で、新たに50匹以上のツマアカスズメバチが確認された。

ツマアカスズメバチは繁殖力が高く、この秋に久山町で巣を一個取り逃すと、2023年は久山町全域や周辺の市町にどんどん広がる恐れがある。
人への攻撃性や毒性は、他のスズメバチと同じくらいあるといわれている。

巣が増える前に駆除を…地道な捜索続く

上野准教授のミッションは、ツマアカスズメバチの巣を見つけ出すこと。秋になり、巣が増えて手遅れになる前に駆除を急ぐ必要があるのだ。

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
とにかく、どこに巣があるか分からないので、片っ端からこういう場所を回ってツマアカスズメバチを探すっていうのをやるしかないんですけど、調べても調べても、なかなか見つからないです

結局この場所では発見に至らず、次の場所に向かう。

(Q.ハチ対策グッズとかあるんですか?)
九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:

ない!基本的に刺されるつもりはないのでと言いながら、刺されたりすることもある

バイクで移動して数分後、到着した場所は川沿いでハチが集まりやすいとされる公園。
そこに黒いハチのようなものを発見!ツマアカスズメバチなのか?

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
これ蛾なんですよ。ハチに擬態している蛾です

ブドウスカシバという蛾だった。

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
ツマアカスズメバチはいなかったですね

結局、ここでも見つからなかった。

捕獲後に放す作業繰り返し…巣の発見につなげる

続いて向かった先は養蜂場。ミツバチを狩りに、ツマアカスズメバチがやってくる可能性が高いという。

待つこと15分。すると黒っぽいハチが…すかさず上野准教授が巧みな網でキャッチ。

ツマアカスズメバチ確保!確かに久山町に存在するのを確認でき、さらには捕獲に成功した。

しかし、上野准教授の本題は巣を探すこと。なんと、捕獲したハチを放してしまった。

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
(ハチの行方を目で追い)いま、この方向に飛んで行ってるんです

ハチは巣がある場所に戻るため、この一連の作業を繰り返すことで、どの方角に巣があるか確認できるというのだ。
この日は、その後も数匹のツマアカスズメバチに遭遇。捕獲しては放す…この一連の作業を繰り返した。

そして、ある程度、巣の場所の検討がつき、山の中へ。「巣はこのあたりにあるに違いない」と必死に探すが…

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
この道沿いには、ないみたいですね。なかなか難しいです。取りあえず、きょうはこれでやめて、きょうの方向とかのデータを見直して、もうちょっと場所を絞って探したいと思います

捜索を続けて3カ月。おおよその巣の場所は、ようやく絞り込めてきたのだが、いまだ発見には至ってはいない。

九州大学大学院農学研究院・上野高敏准教授:
めっちゃ地味な作業です。ものすごく地味。自分1人の力じゃ無理なんで、環境省や自治体、市民の方などの協力も得て、巣を見つけ出して、全部駆除したいですね

ツマアカスズメバチが福岡に定着してしまう前に…上野准教授は、一刻も早く巣を見つけようと毎日捜索を行っている。
9月13日現在、まだ巣は見つかっていない。

(テレビ西日本)