ミシンが好調!

外出自粛で自宅にいながら楽しむことができるものが人気を集めている。「巣ごもり消費」という言葉も誕生したが、その一つとして今、ミシンが売れている。なかなか手に入らない「マスク」を自作しようとして購入する人が増えているようだ。

名古屋市に本社を置くブラザー工業。11日に行われた決算会見で…。

ブラザー工業 佐々木一郎社長:
家庭ミシンを中心とする事業でございますが、低価格機が、非常に需要が高まっているということがございます

4月のミシンの受注台数が、2019年の同じ時期と比べて、5割以上増えたとのこと。

売れ行き好調のミシン。名古屋の大手手芸チェーンを訪ねた。

例年だと、入学シーズン前を除きあまりミシンの需要は高くないというが。

ユザワヤ名古屋栄店の店長:
緊急事態宣言が出た4月初めから、ミシンの需要が急激に伸びました

普段の倍以上と、確かによく売れているようす。ミシンを購入した人が縫っているのは「マスク」だ。

慢性的なマスク不足に加え「おうち時間」が増えてゆとりができたため、ミシンで布マスクを手作りする人が増えているとのこと。

ブラザーがホームページに載せているマスクの型紙の閲覧数は、なんと500倍に急増。

SNSでも、自作のマスクを紹介するなど様々な投稿が見られる。

ちなみに、手作りマスクにおすすめの機種を、お店の人に聞いてみると…。

ユザワヤ名古屋栄店の店長:
初心者の方が買いやすい2万円台の低単価のミシン、3万円台くらいのお値打ち機種で在庫もストックしております。(ミシンは)一生モノになりますので、お客様が何をつくりたいかを質問して、それにあわせたミシンを提供できるように努力しております

マスク以外にも巾着作りなど、「おうち時間」を楽しく過ごすのに役立つミシン。この人気はしばらく続きそうだ。

(東海テレビ)