「体操のお兄さん」が教える「親子体操」

新型コロナウイルスの影響での外出自粛に合わせて、親子で家の中で遊べて、運動能力も向上する「親子体操」を紹介。
こどもの運動能力が向上し、ママのダイエットにもなる「親子体操」。

先生は、「体操のお兄さん」こと佐藤弘道さん。
医学博士でもある佐藤さんは、親子のふれあいを大切にした体操を普及している。

この記事の画像(12枚)

子どもの運動能力の向上、親のストレス解消になる親子体操を、東京都からリモートで広島県の親子に教えてくれた。

チャレンジするのは、広島県安芸高田市に住む岸田茉麻さん・桃果ちゃん親子。

佐藤弘道さん:
親子で一緒に体を動かして、家族の絆を深めていきましょう。心と体のために親子体操チャレンジ。

ペットボトル「親子体操」

今回のテーマはペットボトル。
ペットボトルを使って、体を動かして遊ぶ。

ペットボトルを積んでジャンプ

まずは忍者ジャンプに挑戦。
ペットボトルを横に置き、忍者のように高くジャンプ。
クリアしたら1本ずつ間隔をあけて並べ、連続ジャンプに挑戦。

佐藤弘道さん:
このジャンプを覚えてくれると、縄跳びのジャンプも上手に飛べるようになるからおうちでやっといてね

ペットボトルを並べて走り抜け

次は、スルリスル〜リに挑戦。
ペットボトルを縦にして並べて、ジグザグ道を作って走り抜ける。
まんなかのペットボトルをずらすだけで、難易度アップ。

佐藤弘道さん:
この遊びをやっておくとボディバランスがよくなりますので、徒競走とかで真っすぐぴゅーって走れるようになりますから、ぜひこういう遊びをやっておいてください

最後に、佐藤さんから皆さんにメッセージ。

佐藤弘道さん:
親子体操はあそびながら健康になれます。新型コロナウイルスに負けないように、親子で一緒にたくさん体を動かしましょう。みんなで乗り切ろう。

(テレビ新広島)