環境に配慮した食材として注目されている「代替肉」。この代替肉の市場に、新潟市の製菓会社が参入することを発表した。製菓会社の製造する代替肉の特長とは?

なぜ? 製菓会社が「代替肉」事業に参入

長谷川珠子アナウンサー:
酢豚に餃子、おいしそうな中華料理には代替肉が使用されています

代替肉でつくられた料理
代替肉でつくられた料理
この記事の画像(12枚)

大豆を原料にした「代替肉」の製造・販売を始めた亀田製菓。販売するのは冷凍ブロックタイプで、レストランやホテルでの流通を見込んでいる。

亀田製菓が手がける代替肉
亀田製菓が手がける代替肉

お米総合研究所 高橋肇 所長:
地球のサステナビリティ(持続可能性)に亀田製菓がどう貢献するかを考えて、この市場に参入した

お米総合研究所 高橋肇 所長
お米総合研究所 高橋肇 所長

実は5年ほど前から代替肉の製造に着手したという亀田製菓。当時は一般消費者向けに販売したが…。

冷凍ブロックタイプで販売
冷凍ブロックタイプで販売

お米総合研究所 高橋肇 所長:
当時、一般消費者にはまだなじみが深くなくて、あまり拡販できなかった経験がある。今回は外食産業のメニューに使う原料として販売することで、食べて知ってもらいたい

代替肉の断面
代替肉の断面

米菓製造の技術で本物の肉に近い味・食感に

製菓会社が製造する代替肉には「米菓製造で培った食感の調整や、味付けの技術が生かされている」という。さらに…。

お米総合研究所 高橋肇 所長:
米菓の練りとか、そういう技術を利用して繊維感も出している

製造工程(亀田製菓提供)
製造工程(亀田製菓提供)

試行錯誤し、肉独特の繊維感にもこだわった。

本物の肉との繊維比較(亀田製菓提供)
本物の肉との繊維比較(亀田製菓提供)

また、調理がしやすいよう味はプレーン味に。

お米総合研究所 商品開発チーム 横谷みゆき さん:
味付けがとてもしやすい素材なので、味付け次第で牛・鶏・豚など、いかようにも使える

お米総合研究所 商品開発チーム 横谷みゆき さん
お米総合研究所 商品開発チーム 横谷みゆき さん

代替肉を使ったサラダチキンを試食すると…。

代替肉でつくられた「サラダチキン」
代替肉でつくられた「サラダチキン」

長谷川珠子アナウンサー:
弾力と舌触りは、ほとんどお肉。大豆の風味もほとんど感じられなくて、鶏肉のしっとりとした食感でだまされますね。本当においしい。

NST長谷川珠子アナウンサー
NST長谷川珠子アナウンサー

お米総合研究所 高橋肇 所長:
おいしく、地球環境にも良く、健康にも良いというところを知っていただきたい

可能性が広がる代替肉
可能性が広がる代替肉

大手製菓会社の参入で、代替肉市場もさらに盛り上がりを見せそうだ。

(NST新潟総合テレビ)