都心でも雪が降るなど一段と寒さを感じる時期となったが、寒いのは日本だけではない。いま、極寒の地域だからこそ現れる“透明人間”の姿がTwitterに投稿され、話題となっている。

アメリカ北部のミネソタに留学中のNaoさん(@NaohikoNakamur1)が投稿したのは、雪景色の中にたたずむ“1人の姿”。しかし、黄色の長袖や青いズボン、靴は見えても、肝心の“人の姿”が確認できないのだ。

透明人間がいる!?
この記事の画像(5枚)

もちろん見えないのは当然。実は、この透明人間の正体は、寒さで凍ってしまった洗濯物の洋服なのだ。

この日のミネソタは氷点下27度という厳しい寒さで、洗濯物が凍ってしまったのだそう。寒い地域だからこそできる、ちょっとしたアートのようにも見える。

-27℃のミネソタは洗濯物が自立します!

この厳しい寒さが一目で分かる光景には、Twitterでも「もはやアート!すごい!」「透明人間みたい!」といったコメントや、同じく寒い地域に住む人たちからは「洗濯物振り回したら、パリパリに固まりますよね」といった共感が寄せられ、10万以上のいいねが付く話題となっている(1月6日時点)。

屋外で30分も干せば完成

もし夜道で遭遇したら驚いてしまいそうな洗濯物だが、実際はどのようにして作ったのか? また、このような厳しい寒さの中で、普段は洗濯物をどうしているのだろうか?

Naoさんに話を聞いてみた。

ーーなぜ今回、洗濯物を自立させてみたの?

ミネソタではよくされる遊びと聞いて、やってみました。


ーーどうやって凍らせた?

洗濯物を洗濯機で脱水し、屋外で人が着ているような型で30分も干せば、自立する位に凍りました。上着はハンガーにかけて、そでが自然な型になるように保ちながら、ズボンは腰回りに空間がある様に干しました。-27℃での作業で指先が痛かったです。

靴の上に立たせることで、よりリアルに…

ーー透明人間がいるかのようになったが、どのような点を工夫したの?

子供の服でしましたが、靴の上に立たす事でリアリティが増しました。


ーー凍った洗濯物の感触は?

凍った服はかなりの硬さでしたが、室内に戻すとあっという間に柔らかくなります。

普段は全て室内干し

ーー洗濯物だけできれいに自立する様子を見て、どう思った?

出来上がりを見て「透明人間がいるみたいだな」と感じました。


ーー撮影後、この洗濯物はどうしたの?

写真撮影の後は普通に再度洗濯しました。

同じ日に作った別作品 膝付近の曲げ具合が人間らしい

ーー普段の洗濯はどうしているの?

普段は全て室内干しです。


ーー洗濯物の他にも、寒さを実感することを何か試したことはある?

寒さの実験は他にはありませんが、ミネソタは湖が凍るため湖の上を歩いた事はあります。

厳しい寒さがあってこそできる洗濯物アート

“透明人間作り”はミネソタではよくされる遊びとのことで、厳しい寒さの地域ならではの楽しみ方だったようだ。