パレードに現れた"白いベレー帽"のグループ

昨年行われた天皇陛下の即位を祝う「祝賀御列の儀」に現れた、白いベレー帽を被ったグループ。

実は、この方たちは陛下の大学時代のご友人。パレードに参加し、陛下に気づいていただくために少し特徴的な恰好をして、自分たちを目立たせていたのです。

品性の感じられる目立ち方なので、華やかなパレードにはぴったりですね。

【記事】「何か目立つものを」陛下のリクエストに応え同級生たちが被った白いベレー帽

目立つって英語でなんて言うの?

「何か 目立つもの を」
Something that stands out.


【解説 】
ここでは、「目立つ」と言う表現に
stand out (目立つ・人目につく)という句動詞を使います。

他にも、
stick out (突出する・目立つ)があります。
「目立たせる」と表現するなら、
gather attention/attract attention 注目を集める なども使えます。

形容詞でも、
distinctive (異彩を放つ・独特の ) 、
conspicuous (人目をひく・異彩を放つ)、
eyecatching (派手な・人目につく)や、
noticeable (顕著な・容易に気づく) などを使って表すことができます。

目立ち方には気を付けて!

【例文 】
成人式で気合いを入れすぎた衣装のせいで、彼は悪目立ちしている。
His outfit is standing out like a sore thumb that he got hyped up too much for the coming of age ceremony.


stand out (stick out) like a sore thumb = 場違いで悪目立ち、浮いていること (直訳は痛い親指のように目立つ)

こういう人、いますよね。あと声量がやたら大きかったり、悪目立ちにもいろいろあるので、ほどほどを心がけましょう。

それでは次回も、let's English!

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第73回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る