この冬おすすめの“あったかグッズ”をご紹介。2021年も、おうち時間を快適に過ごすためのアイテムが人気だ。

部分ごとに冷えを解消するアイテムが勢ぞろい

富山市のショッピングセンター・ファボーレ内にある「富山ロフト」。本格的な冬の訪れを前に、10月中旬から寒さ対策のグッズを取り扱っている。

200種類の“あったかグッズ”が並ぶ
200種類の“あったかグッズ”が並ぶ
この記事の画像(11枚)

谷優子アナウンサー:
こちらはおでかけの時に体を温める「イエソト」がテーマ。そして、こちらにはおうち時間を快適に過ごす「イエナカ」をテーマにしたあったかグッズが並んでいます

おうち時間を快適に過ごすための「イエナカ」グッズも充実
おうち時間を快適に過ごすための「イエナカ」グッズも充実

おうち時間を楽しんでもらおうと、ブランケットやルームシューズのほか、手首やお腹、目の周りなど、部分ごとに冷えを解消するアイテムが約200種類並んでいる。

心も温まるキュートな柄
心も温まるキュートな柄

買い物客:
足から全部あっためるようなもの、暖房をあまり使わなくてもいけるものを見ています。家で過ごす時間が増えてるので、節約的なところと、体の冷えは体調的によくないと聞くので、それもかねて

中でもヒット商品となっているのが、靴下の「まるでこたつソックス」(1980円)。

冷え防止のツボを刺激して足を温める人気商品
冷え防止のツボを刺激して足を温める人気商品

富山ロフト 宮田桃子さん:
靴下メーカーが開発したもので、編み方が独特で、冷え防止のツボを刺激して足を温めるものとなっています

くるぶしの上にある足首のツボ「三陰交」を独自の編み方で刺激するもので、この商品を含め、あったかグッズの売上はすでに2020年を10%以上も上回っているという。

 
 

お腹に巻いたり、目で癒やされるグッズも

そして、オフィスやリモートワークで活躍しそうな商品も。

富山ロフト 宮田桃子さん:
このシートに「銀ナノインク」というエコの素材が印刷されていまして、その素材で温める商品となっております

薄さ1mmのヒーティングマット (4950円)
薄さ1mmのヒーティングマット (4950円)

銀ナノインクを発熱素材として使った、薄さ1mmのUSBヒーター「ヒーティングマット」(4950円)。

お尻に敷いて使うと…
お尻に敷いて使うと…

47度まですぐに温まり、モバイルバッテリーで屋外でも手軽に使うことができる。

谷優子アナウンサー:
モバイルバッテリーを中に入れて、これはお腹に巻くタイプですね。これも外で使えます。あ~あったかい。先ほどのシートは、座る時に椅子に置いて…じわじわあったかい!お尻からあっためるのいいですね

HARAMAKI2 (7590円)
HARAMAKI2 (7590円)

また、ぬいぐるみのお尻のポケットに電子レンジでチンしたビーズを入れ、お腹にのせて温める「ぬいぐるみウォーマー」(1980円)も人気のグッズ。

ぬいぐるみの中に温めたビーズを入れて…
ぬいぐるみの中に温めたビーズを入れて…

体を温めるだけでなく、癒しや楽しさを求めるお客さんが増えているという。

富山ロフト 滝村英之店長:
去年のクリスマスや年末、お正月よりも、今年は楽しく過ごしたいというお客さまの気持ちが、買い物行動に表れているのかなと感じています

再びコロナ禍で迎えるこの冬も、お気に入りのあったかアイテムで乗り切りたいものだ。

(富山テレビ)