これは誰?“洗顔ものまね”が話題

編集部では以前にお風呂の時間に子どもの頭の上で作る“泡アート”をご紹介したが、今回、泡でまた面白いものが作られたと話題になっている。
【関連記事:お風呂で赤ちゃんも笑顔“頭上の泡アート”に癒される…バナナ・サザエに150種類超

それは洗顔の泡で“顔モノマネ”をするというものだ。
まずは写真を1枚見ていただきたい。これは一体、誰のモノマネかお分かりだろうか?

 
この記事の画像(12枚)

鼻が高く彫りが深いようにも見えるが、そもそも日本人なのだろうか。それとも外国人なのか。
ヒントはハリウッドスター。

気になる答えは…



そう、ハリウッド俳優のハリソン・フォードさんであった。

Twitterに投稿したのは、YouTubeの投稿をメインに動画制作をしている、洗顔ものまねゆり(@sugiura16738120)さん。

確かに目元や彫りが深いところ、鼻が高い所など特徴を捉えている。これはクオリティーの高いモノマネと言っていいのではないか。

さらに他の投稿では俳優の遠藤憲一さんや中居正広さん、女優の石原さとみさん、安田大サーカスのクロちゃんの洗顔ものまねを披露しているが、どれもうまく特徴を捉えていている。
 



遠藤憲一さん
安田大サーカス・クロちゃん

この投稿には「面白すぎて腹よじれる」や「中居くんで声出して笑っちゃいました!似てる」などのコメントが寄せられ14万超のいいねが付いている。(3月4日現在)

とても斬新な顔モノマネだが、そもそもなぜこのような形でモノマネをしようと思ったのだろうか。社会人として働きながらYouTubeで活動する投稿者の“洗顔ものまねゆり”さんこと杉浦由梨さんにお話を伺った。
 

投稿者の杉浦由梨さん

きっかけは乾燥肌

ーーなぜ洗顔ものまねをしようと思った?

元々は、2018年6月頃に乾燥肌に悩み、正しい洗顔を調べた結果、モコモコの泡を顔に乗せるのが良いと知り、過剰に泡をモコモコにして洗顔していたところ、鏡に映った自分の姿が泡のお面をつけたように見え、色々な形を作って遊ぶようになったのが始まりでした。

洗顔ものまねをする前は、ただ自分の顔に泡を乗せて遊んでいただけなのですが、次第に色々な造形ができるようになり、私の顔を知らない方でも、その変化やバリエーションを楽しんてもらえるように、著名人の方のお顔を作ることにしました。

結果的に正しい洗顔方法と程遠い事になってしまいましたが、洗顔前に油分の多いクリームを塗るなどして対策をしています。肌の状態は現状維持です。


ーーモノマネの種類は何種類くらいある?

現段階で35名のレパートリーがあります。
 

千原ジュニアさん

ーー反響はあった?

家族や知人、友人達からたくさんご連絡をもらいました。嬉しいです。
 

モノマネを解説!難しかったのは…

ーーモノマネの解説をいくつかお願いします。

お気に入りはハリソンフォードです。ハリソン・フォードの顔のパーツを表現するには私の顔の大きさでは足りないため、ふた回りほど顔を大きくし、最終的に私の顎にハリソンの口ができました。

中居正広さんは目は大きいため、眉上に多めに泡を乗せ、目元にできる影を利用して表現いたしました。

中居正広さん

草彅剛さんは泡を乗せるというよりも、頬に乗せた泡を削ぐことで頬を表現いたしました。

草彅剛さん

ラグビー・稲垣啓太選手は、切れ長の目をしているため、通常よりも密度のある泡で行いました。そうすることで目周りにも泡を置きやすく、泡が目に入る心配もなくなります。

ラグビー・稲垣啓太選手

ーー一番難しかったモノマネは?

石原さとみさんです。石原さとみさんのお顔のパーツの大きさや配置が、ベースとなる私の顔と違うため、泡を乗せていない部分で石原さとみさんを表現しようとしました。口周りの泡のないところは唇のつもりです。薄目で見ていただけましたら幸いです。
 

石原さとみさん

ーー泡は何か特別な物を使っている?

商品名やキャッチコピーに「泡」や「ホイップ」と言った言葉の入っているものを試しながら使っています。今一番気に入っているのは専科(資生堂)のパーフェクトホイップです。100円均一の泡立てネットを使いよく揉んで泡を作っています。


ーーモノマネが完成するまでにどれくらいの時間がかかる?

肌の負担や重量で泡が落ちてしまうことを考慮して、5分以内に完成させることを意識しています。
 

千鳥・ノブさん

ーーモノマネをする上で何かコツはある?

必ず制作前に被写体と、手順のイメージトレーニングをすることです。毎回先に簡単な似顔絵を描き、それを見ながら制作をしています。


ーー今後やりたいと思っているモノマネは?

女性や凹凸の少ないお顔の方が作れるようになりたいです。精進いたします。

藤田ニコルさん


乾燥肌という悩みから生まれた斬新な“洗顔ものまね”。どれも特徴を捉えていて面白い。杉浦さんの次回作にも注目だ。