3度の日本一を果たした元プロ野球監督 野村克也さんが死去 84歳

カテゴリ:国内

プロ野球歴代通算2位となる657本塁打の記録を持ち監督としても3度の日本一を果たした野村克也さんが死去した。
84歳だった。

警視庁によると野村さんはきょう未明、自宅から病院に搬送され、その後死亡が確認された。

野村さんは1954年に現在の福岡ソフトバンクホークスの前身・南海ホークスにテスト生として入団。
ホームラン王9回など数々のタイトルを獲得し、1965年には戦後初めての3冠王に輝いた。

ヤクルトのOB戦に代打で登場した野村克也元監督(画像:時事)

現役を引退したあとはヤクルトを3度、日本一に導き、その後、阪神と楽天の監督を歴任。
現役時代の657本塁打、1988打点は王貞治さんに次ぐ歴代2位の記録。
2017年に亡くなった妻・沙知代さんとバラエティ番組で夫婦共演する様子も人気を博していた。

妻・沙知代さんと