自民・二階幹事長が武漢からのチャーター機搭乗代8万円を国が負担すべきとの考え示す

カテゴリ:国内

新型コロナウイルスの感染が拡大している中国・武漢市から日本人が帰国する際のチャーター機の搭乗代金8万円について、自民党の二階幹事長は搭乗者ではなく国が負担すべきだとの考えを示した。

チャーター機の代金について政府は搭乗者1人につき8万円と消費税分の負担を求める予定だが、これについて二階幹事長は29日夕方、記者団に対し次のように述べた。

自民党 二階幹事長:
突然の災難ですからね、本人だけにすべて負担させるということではなくて、政府としてもこの緊急事態ですし。下手に伝染すればえらいことになるわけですよね。そういうことを未然に防ぐためには、財政的な問題、経済的な問題が当然あるわけですから。惜しんでばかりおったんではしょうがない。それは国を挙げて対応するのは当然ですから。自民党は国を挙げて対応するという方を指導していきたいと思います

二階氏はこのように、チャーター機の搭乗代金は搭乗者に負担させず、国が負担すべきだと強調した。

チャーター機の搭乗料をめぐっては、29日の国会で立憲民主党の議員が「これくらい政府が出してもいいのではないか」と政府に質したが、政府側は、「これまでも本人に負担してもらっていて、同様の措置をとらせてもらっている」と説明していた。