夢を覚えていないのはなぜ? “記憶を消去”する神経細胞を解明した教授に詳しく聞いた

カテゴリ:国内

  • “夢を起きたら忘れる”仕組みを名古屋大の教授らが解明
  • 脳内のある神経が、夢を見ているレム睡眠中に記憶消去をしていることを発見
  • さらに解明されれば、PTSDの治療に役立つ可能性も

とてもいい夢を見ていたはずなんだけど、起きたら全く覚えていない…。

そんな悔しい思いを、誰でも一度や二度はしたことがあるのではないだろうか。そして、「なぜ人間は睡眠中に夢を見て、起きたら覚えていないのだろう?」と疑問に思ったことがあるかもしれない。実は最近の研究により、これが解明されつつあるのだ。

要因のひとつとして、名古屋大学環境医学研究所の山中章弘教授のグループが2019年9月、脳にあるメラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)がレム睡眠中に記憶を消去していることを明らかにした。

人間の睡眠リズムは、浅い眠りであるレム睡眠を起床前に繰り返すのが一般的。今回明らかになったレム睡眠中に活動するMCH神経は、目覚める直前の夢の内容をすぐに忘れさせる一因として働いていると考えられるという。(※深い眠りは「ノンレム睡眠」)

これまでは、睡眠時に記憶がどのように固定され、消去されるのかその仕組みはよく分かっていなかったというが、なぜ記憶を消去する必要があるのだろうか?
そして、そもそも夢ってなんで見るのか? 山中教授にいろいろ話を聞いた。

夢は大事な記憶を定着させるために見ている

――なぜ人間は寝ている間に夢を見ているの?

人間はレム睡眠中に脳の活動が高くなっており、この時に鮮明な夢をみているとされています。まだ完全に明らかにはなっていないのですが、恐らくレム睡眠の時には覚えるべき内容をいろいろな事柄と関連付けて大事な記憶として定着させ、そして起きた時にはその記憶を必要なときにすぐに思い出せるようにしています。


――必要な記憶を定着させることが夢の役割だということ?

はい、この関連付けている時間が夢だと思っています。例えば今日の出来事で覚えなければならなかったことがあったとします。それが昔の友達に関連することだとすると、その友達にまつわるエピソードなどが同時に頭に浮かんできて、関連づけるのです。それをストーリーとして頭の中ではつなげ、恐らく夢として再生されているのです。


――研究のきっかけは?

元々は別のペプチドを産生する神経の研究をしていました。この神経の隣にあるのがMCH神経で、二つの神経には睡眠覚醒においてなにかしらの役割があるらしいところまで分かり始めていました。これまでの研究では、MCH神経は食欲調節に関わり、食欲を増進する神経だと考えられていたのです。

さらに研究を進めると、MCH神経が海馬(記憶を中心に司る脳の領域)に軸索という神経の足をたくさん伸ばしていることを見つけました。レム睡眠中に海馬という記憶の中枢で、MCH神経が何か作用しているということが考えられたのです。そこで、MCH神経を脱落させているネズミを使い、ネズミでよく使われている記憶のテストをやってみたところ、確かにとても記憶力のいいネズミになっていたことから、今回のMCH神経と記憶の研究を始めました。


――このきっかけから、今回はどんな研究をしたの?

今回はさらに詳細な実験を行い、人工的にMCH神経を活性化させたり抑制させたりした結果、それによって記憶力が下がったり上がったりすることを見出したのです。

その際のMCH神経の活動をいろんな状況で見ると、「起きている時に活動するタイプ」、「レム睡眠に入ると活動するタイプ」「起きている時とレム睡眠の両方で活動するタイプ」と、MCH神経にも3種類あることに気付きました。そしてどのタイプが実際の記憶に影響があるのかということを検証すると、レム睡眠の時にMCH 神経を抑制した時だけ記憶が上がったことから、「レム睡眠中に活動するMCH神経の活動が海馬において記憶を抑制している」という結論に至りました。

記憶保持の期間に活性化すると記憶が悪くなり抑制すると記憶が向上(左図)。また、記憶保持の期間にMCH神経の活動を3パターンに分けて抑制した場合、レム睡眠時だけにMCH神経を抑制すると記憶が向上(右図)。 (画像:山中教授)

夢を覚えないのは現実との区別ができるように

――MCH神経はなぜ、夢の記憶を残りにくくしたと考えられる?

夢が必要だという理由を挙げるとすれば、先ほどお話ししたように記憶するための関連付けだと考えます。その過程では、関連付けされたものにさらに別の関連付けされていることが頭の中に出てきてしまいます。しかし、その二つは実際のところ関連していないので、そこを繋げてしまうとおかしなことになって、覚えてしまうと記憶違いみたいなことになってしまいます。

夢を覚えるようになってしまうと、現実のことなのかそうでないことなのかの区別が恐らく分からなくなってしまうのでしょう。これを防ぐために、関連付けしている脳の中で、夢の記憶を残らないようにしていると考えています。

――たまに、夢を覚えているという人もいるが?

それは、起きた直後に夢の断片を何回も自分の脳内で再生して、改めて記憶しているからですね。「夢を覚えている」というのは、寝ている時にみた夢全部を覚えているのではありません。若干覚えていた夢を、起床直後に脳内で何回も再生することによって固定され、記憶として残るのです。

覚えているというのは、寝ている時にみた夢の一部を再生して固定し、「こんな夢だったな?」となるのです。

――この実験、次は人間でもできるものなの?

今回ネズミでおこなったMCH神経の活動操作という技術は、現時点では人には応用できないので、全く同じ研究を人間ですることは難しいです。ただ人間にはいろいろな方がおり、「MCHに関わる遺伝子に異常がある人が夢を覚えてしまう」など、そういった研究は今後進んでいってMCHと夢との関係はそう言ったところからも明らかになってくると思います。


(画像:山中教授)

解明はPTSDの治療に応用できる可能性も

――この解明はどのようなことに応用できる?

今まで記憶を増強したり消したりすることはできなかったのですが、MCH神経が作用する神経をターゲットにすることで初めてこれができる可能性が出てきました。応用すれば、もしかしたらトラウマだけを消すというPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に使えるのではないかと考えています。

ただ、どこをターゲットにすればいいかすら分からないのが現状です。すぐには応用できないのですが、こういったことに使えればいいなと思っています。

――今後はどんな研究になるの?

今、ネズミでMCH神経の研究をやっていますけど、実はMCH神経からどのような物質が出てこのような結果になっているかは、まだよく分かっていません。MCH神経からは、MCH以外の物質も伝達物質として出ているのです。

何が出ているかという研究を今まさにしているところです。もしこの物質が記憶に関わっていると分かれば、これを薬として化学物質などで作用させることにより、“記憶を操作できる薬”というものが可能になるかもしれません。


まだ全容が解明されたというわけではないようだが、「なぜ夢は覚えていないのか?」ということが分かると、人体の不思議さに改めて気づく。さらに病気の治療にもつながる可能性もあるとのことで、これからの研究結果を楽しみにして待ちたい。

「人生の1/3を豊かにする“良質な睡眠”」特集をすべて見る!

人生の1/3を豊かにする“良質な睡眠”の他の記事