「世界最弱のオセロAI」が話題…一体何のために作ったの?開発者に聞いた

  • 「世界最弱のオセロAI」を開発し、負けられないと話題
  • 負けた人もちょっとだけいるが…開発者「人間では負けられないと思っていた」
  • 負けるコツは「相手の打てる場所を減らすように打つこと」

「負けられるなら負けてみてくれ!」

AI関連事業を行う会社「AVILEN」が、オセロに“勝つ”のではなく、“負ける”ことに長けている「世界最弱のオセロAI」を開発し、話題になっている。

Twitterでは開発者の吉田拓真さんが「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイート。

このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。

PCやスマホで遊ぶことができるゲームで、プレイヤーは、オセロで“勝つことを目指す”のではなく、“負けることを目指す”わけなのだが、これが、なかなか負けさせてくれない。

リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。

そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。

それにしても、囲碁AIの「アルファ碁」のように“強いAI”を作る理由は分かるが、“弱いAI”を作る理由はよく分からないし、想像すらできない。一体、何のために作ったのか?

「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。

開発理由は「ディープラーニングの勉強のため」

――「最弱オセロ」は何のために開発した?

大学時代に抱いた興味をきっかけに、勉強のために開発しました。
当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。
それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。


――“勝つ”ではなく“負ける”AIに目をつけた理由は?

強いAIもつくっていたのですが、YouTubeで「負けようとしてくるオセロ」の動画を見て、それが面白いと思ったのがきっかけです。

その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。

石を少なくとるための最善の手を打つAI

――オセロに負けることに長けているAI。これはどんなしくみ?

YouTubeの動画「負けようとしてくるオセロ」は、“そのときに打つべき一番悪い手を打つAI”なのに対し、私が開発したAIは“石を少なくとるための最善の手を打つAI”です。

――やってみたが、なかなか負けられない。負けるコツはある?

まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。

コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。

オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。

あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。

「人間では負けられないと思っていた」

――「最弱」と謳ってはいるが、意外と勝ってしまっているのでは?

ほとんど勝たないと思っていたので、この結果にはかなり驚いています。
「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。

理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。

有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。

「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。

――今後はもっと弱くすることも考えている?

一時的なイベントとして、7月29日の午前11時にバージョンアップし、さらに弱くしました。
あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。

――どうやって弱くした?

方法は3つありまして、1つは、「book」と呼ばれる“手順暗記本”のようなものを作ったこと。
2つ目は、AI自体を学習させたこと。
3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。元々は7手先だったのを9手先にしました。

――一時的ということは、今後は弱くすることは考えていない?

今後は少しずつ「弱く」して、バージョンアップしていく予定です。

「AI時代の可能性を感じました」

――ネットで話題になっていることはどう受け止めている?

こんなにも多くの人が、オセロが好きで、AIについて関心があることに驚きました。


――負けることに長けたAI。どんなことに応用しようと考えている?

正直なところ、あまり考えていません。あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。
ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。

「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。
そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

なんでもAIの他の記事