学校給食再開!感染リスク減らすために“品数も少なめ"

この記事の画像(14枚)

東海地方でも6月1日から本格的に学校が再開し、給食が始まった学校も多くある。
久々の給食に子供たちは嬉しそうな様子だが、給食再開を待ち望んでいたのは、子供たちだけではなかった。

大きな鍋で豪快に作る「豚汁」。給食センターも3カ月ぶりに再開した。

岡崎市内の小・中学校26校、約1万食分の給食を調理する。

岡崎市立男川小学校は、6月1日から本格的に授業が再開し、給食も始まった。
しかし、以前とは様子がだいぶ違う。

感染への注意が特に必要といわれる給食の時間。
配膳の時はマスクに加えフェイスシールドをさかさまに。隙間から飛沫が下に飛ばないようにするためだ。間隔を空けて並び、順番に受け取る。

この日のメニューは、ごはんに豚汁・牛乳など。品数が少なめなのも、配膳の回数を減らし感染リスクを少なくするため。

待ちに待った3カ月ぶりの楽しい給食のはずだったが、飛沫防止のため、食事中の会話は禁止。みんな前を向いたまま無言で食べなければならない。

黙々と食べ続ける、ちょっと静かな給食の時間だったが…。

6年生の女子児童:
だいぶ前に食べたのが懐かしかったから、思い出しながら食べていました

別の女子児童:
(おしゃべりできずに)残念だったけど食べられたことがうれしかった

牛乳配送業者も“待ちに待った”給食再開

給食再開を待ちわびたのは子供たちだけではなかった。
岡崎市の「中部牛乳」は、岡崎市や西尾市などの小・中学校や保育園向けに、給食用牛乳を配達している。
実はこの業者も、一斉休校で苦しい3カ月を過ごしていた。

中部牛乳の市川社長(4月30日):
普段ですと、ここ(冷蔵庫)は牛乳で埋まっている

4月に取材したときは給食用牛乳の配達がなくなり、冷蔵庫はカラに。15台ほどあるトラックも動かせない日が続いていた。

中部牛乳の市川社長(4月30日):
毎月数百万、500万円以上のお金がマイナスとして出ていますね

扱っている牛乳のほとんどが給食用のため、休校中の売り上げは90%以上減ってしまったとのこと。

迎えた給食再開の日、空っぽだった冷蔵庫も牛乳で埋め尽くされた。

市川社長:
本当にこれだけの車が動き出すというのは、運送業としては見ていて気持ちがいいです。やっぱり仕事ってこうじゃなくちゃっていう感じですよね

この日学校に届ける牛乳は、約6万5000パック。子供たちが登校する前に、あるいは久しぶりの再会を喜んでいる間に、届けて回った。

子供たちが待ち望んだ久しぶりの給食。牛乳を届けた従業員の方にも、その様子を見てもらった。

配達した従業員:
初めて見る、児童が飲んでるの。一気(飲み)だね~。うれしいですね、こうやって見ると

皆さんにとっても、特別な給食となった。

配達した従業員:
もうコロナが出て欲しくないっていうだけですね。休みになってほしくないという。安全面・衛生面に気を付けて、冷えておいしい牛乳を、今まで通り納品したいと思います

(東海テレビ)