お手軽な“靴の洗い方”が話題

緊急事態宣言も5都道県以外は解除となり、少しずつ外出の機会も増えていくだろう。

子供が外で元気に遊び回るようになると洗濯が大変だが、中でも、靴を洗うのはなかなか面倒なことが多い。ネットを見ても「靴を綺麗にしたいのになかなか洗っても綺麗にならない」「靴をバケツに入れると浮いてきちゃう」などという声もあるほどだ。

そのような中で今、“あるもの”を使うことで靴を手軽に洗える方法が話題となっている。

それがこちらだ。
 

靴はこう洗うといいってて見てからだいぶ楽になりました

このコメントとともに投稿された画像に映っているのは、洗剤が溶け込んだ水と靴が入ったファスナー付きの袋。

たしかにこれだけで済むのなら、子供と一緒に楽しくできそうな洗い方だ。具体的にはどのようにするのだろうか? Twitterに投稿したラムネ(@R02825296)さんに詳しく話を聞いた。
 

こんなにも簡単になるとは驚きでした

ーーこの洗い方をしたきっかけは?

子供達が登園するようになり今まで以上に元気に汚れてくる靴を毎週洗うのが大変でした。そんな時にInstagramでこの方法を見かけて、やってみよう!!と思い立ったのがきっかけです。


ーー洗い方を教えてください。

ジップロックのような袋に、洗剤とお湯又は水を入れて軽く混ざったら、そこに靴を入れて封をしてもみ洗い。 汚れの落ち具合によっては、その後水量を増やしてつけおき洗い。 少し放置した後に洗剤を洗い流します。 (落ちにくい汚れはこの時に軽くブラシ等で擦るとすぐにとれました)洗い流したら水を絞り、干して完了です。
 

提供:ラムネ(@R02825296)さん
この記事の画像(4枚)

ーー実際にやってみてどうだった?

今まではバケツにつけ置きしても全然浸からなかったり、何度も何度もブラシで擦ったりしてもなかなか取れない臭いや汚れに手こずっていたのが、袋に入れて洗うだけでこんなにも簡単になるとは驚きでした


ーー今後もこの洗い方を取り入れる?

子供の靴や上履きなど、家事の一環として靴を洗う時は、この方法を使って洗いたいと思っています。


たしかにこの洗い方だと、洗剤などがしっかりと靴に染み込み、そして手を汚さずにもみ洗いもできそうだ。簡単そうで、是非ともやってみたい。

しかし、本当に有効なのだろうか? また物によっては、この洗い方ができない靴もあると思うが、注意するべきことはあるのだろうか。

靴クリーニングに関する研究を行い、靴やバッグを修理・クリーニングするサービスを提供している靴専科の技術トレーナー・大友良祐さんにも話を聞いた。
 

袋に入れることで全体を漬け置きでき、汚れが落ちやすくなる

ーー投稿にある洗い方は有効?そして注意する点はある?

お子様の上履き等に関しては有効だと思います。バケツに靴を入れるとどうしても浮いてきてしまいます。浮いてくると漬け置きが部分的にしかできません。それを袋に入れることで、全体を漬け置きすることができ汚れが落ちやすくなるからです。

ただし、靴の素材や色によってはダメージを与えてしまう可能性があるので注意が必要だと思います。

革靴系のお手入れは非常に難しいと思います。他の靴であれば洗うことは可能だと思いますが一番重要なのはどのように乾燥させるかが重要です。特に6月からは梅雨の影響を受けてカビなどの原因につながるので、乾燥時間を短縮させる必要性があると思います。

ーー投稿の方法に加えて、さらに綺麗に洗うにはどうしたら良い?

ソール部分等に関して強い汚れが残っているのであれば、メラミンスポンジなどで軽くこすると汚れが落ちやすいです。
 

専門家が教えるおすすめの靴の洗い方は?

ーーそのほかに、おすすめの洗濯方法はある?

上履き&スニーカー類に関しては、40℃くらいのお湯につけることで汚れが浮き上がり落としやすくなります

洗剤等に関しては様々ございますが、日用品(中性洗剤や石鹸)等でも落とせると思います。
最近では、100円ショップで購入できるセスキ炭酸ナトリウムや重曹等も有効です。

ここで、最も重要なことは洗剤等が残留したまま乾燥させてしまうと、黄ばみの原因につながるので、すすぎをしっかりする事、漬け置き等をしっかり行うことです。


ーーでは、靴を乾かすおすすめの方法を教えて

基本的には、日陰で乾燥させることが基本となりますが、乾燥まで1日~2日程度時間がかかります。

お勧めとしては、乾燥開始5時間ぐらいで一度ヘアードライヤーを靴の内側に数分当てることにより乾燥時間の短縮が可能かと思います。
 

ーー靴を洗う際の注意点を教えて

色落ち・素材を痛めてしまう可能性が高いので、靴=なんでも洗える発想は失敗のものと。キャンバス・ナイロン素材のシンプルな素材であれば、失敗は少ないです。革や異素材の組み合わせ、汚れが強い場合は、靴クリーニングの専門店に相談することをオススメします。 


ーー綺麗になった靴の仕上げは何をすると良い?

革素材であれば油分補給はマストです。キャンパス&ナイロン素材は防水スプレー等で仕上げると汚れが付きづらい環境を整えることが可能です。


ファスナー付きの袋に靴を入れる洗い方は、上履き等については有効だが、靴の種類、素材などには十分に気をつけなければいけないようだ。また、洗ったあとは防水スプレーを使うことで、綺麗さが長持ちし、洗う回数も削減できるかもしれない。

最後に、投稿者のラムネさんに反響についても聞いてみた。

投稿者「同じような悩みを抱えていたんだなぁ」

ーーネットで話題になってるけどどう思う?

バケツにつけ置きしても浮いてくる靴に苦戦したり、靴洗いでかなり疲れたり手が荒れたりみんな同じような悩みを抱えていたんだなぁと身近に感じる事ができてよかったです。


ーー反響はどうだった?

投稿を見てすぐに靴を洗いたくなった!今から洗うところだからやってみる!って人たちがたくさんいてくれて、洗った感想を教えてくださる方もたくさんいたんですが、皆さん簡単になった!!上履きが真っ白になった!など喜びの声が多くて嬉しかったです。

靴の正しい洗い方ではなく、少しでも家事の一環としての子供の靴洗いが楽になればいいなという気持ちでこの洗い方をしました。私にとって子供の靴はすぐにサイズアップしたり汚れが酷かったりで、消耗品なので皆さんの大切な靴や繊細なものには不向きだと思います。


家事として靴を洗う作業はなかなか取り上げられないが、家事をする人には悩みが多い問題だったようだ。いろいろと注意点はあるが、興味がある方は一度この洗い方を試してみてはいかがだろうか?
 

【関連記事】

「これは勉強になる」新型コロナで注目集まる“布マスク”…その洗い方を花王が紹介

夫婦間の「家事に対する認識の差」がこんなにも違う…妻の“4Kなみに細かい”家事工程表が話題