石田純一さんが5月12日退院

4月に新型コロナウイルスに感染した石田純一さんが5月12日に退院。石田さんは仕事で向かった沖縄県で体調不良を訴え、東京に戻った4月14日入院していた。

退院後の石田さんが、電話でFNNの単独インタビューに応じた。

石田純一さん:
総合的に判断して、炎症とか肺炎とかもなくなったということで、退院させていただきました

ーー1ヶ月近く?

石田純一さん:
はい。1カ月。2週間過ぎてから快方に向かっていたようで、僕は全然辛くなかったですね。最初のころ、気だけ張っていたので、全然大丈夫だと思ってたんですけど、あとで先生方に聞いてみると「いったんかなり悪くなりました」と言われたのでびっくりしているんですけども。いわゆる集中治療室のところまで行ったというのは事実です。それは何となく覚えてますけど

再び陽性になる可能性が…

ーー今はどんな生活を?

石田純一さん:
自宅で経過観察という感じです。体のいい隔離ですけれど。子供たちも分かってきてくれて、接触しないで自宅にいます。水回り、トイレとかお風呂とかをすべて別にして、僕だけ一つの部屋に閉じこもっています

石田純一さん:
退院だけじゃ十分ではなくて、言い方悪いけど、また陽性になる方、また感染する(ことがある)。他から感染してくるんじゃなくて、自分でもう1回、いわゆるぶり返す。それがたまにあるので、とにかく2週間だけは誰にも会わず、毎日検温とか血中酸素量、血圧測って報告するようになっている

「多大なご迷惑をおかけした部分は絶対否めない」

ーーなぜ直筆でコメントを?

石田純一さん:
かなり批判が強いと。いろんなことでお叱りを受けたり、反省しろと、そういうお話をいっぱい頂いたので、自分で心境を書かせていただきました僕が肺炎にかかったということで、他局ですけど、今まで撮っていたテレビ番組とかOAできなかったりとか、大変なんです本当に

石田純一さん:
それからレギュラー番組も降ろせと、CMも降ろせと、そういうもういっぱいお叱りが来まして。自分が肺炎になったことで、多大なご迷惑をおかけした部分は絶対否めないわけですし、不快な思いをさせてしまった方々にも、本当に深くやっぱり反省していることと同時に謝りたいです

(Live News it! 5月13日放送分より)