東京都は、きょう午後、新型コロナウイルスに関する専門家会議を開き、オミクロン株の新たな「組換え体」が6件確認されたことを明らかにした。これは従来のオミクロン株(「BA.1」)と、派生型の「BA.2」が混じり合った「組換え体」で、系統の分類はハッキリしていないものの、「XE」系統とは異なるという。都内で「組換え体」が確認されたのは初めて。

東京都によると、3月中旬から4月上旬に、感染者から採取した6つの検体について、遺伝子検査を行ったところ、新たな「組換え体」と判明したという。いずれの感染者も軽症で、海外渡航歴がないため、市中感染とみられている。

感染力の強さや、どれぐらい重症化するかなどは分かっていない。東京iCDC専門家ボードの賀来座長は、第6波の主流となったオミクロン株「BA.2」に触れた上で、「BA.2のように感染が拡大するかどうか分からない」と述べた。

オミクロン株の新たな「組換え体」については、仙台市で確認され、先月28日に発表されている。

専門家会議の後、記者会見に臨む小池知事(12日午後 都庁)
この記事の画像(3枚)
東京iCDC専門家ボードの賀来座長は、記者会見で、新たな「組換え体」について言及した。
社会部
社会部

フジテレビ報道局社会部

記事 750