大人も遊ぶことが大切…一線を画す「大人のレゴシリーズ」に新たに“盆栽”まで登場

世界中で愛されているレゴブロックに「グランドピアノ」や「世界遺産」など、大人向けのシリーズが加わった。コロナ禍でのストレス解消にも一役買っていて、今レゴブロックに夢中になる大人が増えている。

この記事の画像(18枚)

漆黒の植木鉢に植えられ、ピンク色の花を咲かせる盆栽…。台座に置かれ立派だが、よく見るとブロックでできていた。この盆栽レゴは2021年元日に発売された大人向けのブロックで、今話題になっている。街で見せてみると…

男性(60代):
レゴブロックですか、なるほど…。そういわれてみればそうですよね

女性(20代):
(レゴと)わかんないです、パッと見

子供向けのブロックとは一線を画すその姿。子供向け玩具として知られるレゴだが、なぜ大人向けの商品を作ったのだろうか。

レゴジャパン広報担当:
遊ぶことが普段の生活にもたらす充実度や豊かさは、大人にとっても非常に大切なこと

理念として「遊ぶ」を大切にしているレゴグループは、2020年から「大人のレゴシリーズ」の販売を開始。購買者の幅を広げていた。商品は現在、30種類以上。

グランドピアノに…

高級スポーツカーのランボルギーニ。

世界遺産のコロッセオ、さらに東京の街並みまで。
大人も思わず目を引くレゴが揃い、2021年新たに加えたのが、盆栽だった。

同・広報担当:
世界中の多くの大人が日々ストレスを感じていて、(アンケートに答えた)80パーセントの方が「ストレスは遊ぶことによって和らぐ」と答えています

大人でも、遊びに没頭することでストレスを発散できることが分かり、商品化した。

完成するまで2時間20分…難易度高し878ピースの「大人のレゴ」

試しに盆栽レゴに挑戦。
ブロックの数は全部で878ピース。パーツごとに袋詰めされている。真珠ほどの小さなものから、5~6センチほどの板状のブロックまで、大小様々。説明書も添えられているが…

対象年齢は18歳以上からで、想像以上の難しさ。黙々と組み立て続け、30分が経過…。

結局、1時間20分かけて、木の幹と一部の花まで。その後、スタッフ3人がかりで約1時間を費やし、ようやく完成。

ブロックだけに幹は角張っているが、その周りに2本の管を通すことで、本物さながらの「うねり」を連想させる。左右に大きく広がる枝からは、濃淡2種類の桜が。

桜の薄い方をよく見ると、カエルだった。こうした遊び心も楽しいところ。

漆黒の植木鉢や台座もあり、遠目からだと本物のよう。ちなみに、緑色の交換用ピースもあり、松の盆栽のようにすることもできる。

デンマーク本社が日本古来の概念「禅」の心に焦点…その形として“盆栽”に

盆栽を「大人のレゴシリーズ」のラインナップに加えた理由には、商品開発をしているレゴのデンマーク本社のある考えがあった。

レゴジャパン広報担当:
彼らがマインドフルネス(瞑想)やリラクゼーションについて考えた時、それを象徴する「禅」の心に焦点を当て、それを具現化したのが「盆栽」

デンマーク本社の開発者にとって瞑想や癒しは「禅」につながり、そこから盆栽へと発想が及んだようだ。

この盆栽レゴ、2021年の元日に発売したところ、日本向けに用意した初日分はすぐに売り切れた。

男性(60代):
なんかおもしろそうですよね。出来たらコレクションとかになりますね

大人のレゴの「ボタニカルコレクション(植物シリーズ)」には、盆栽の他にも「フラワーブーケ」(756ピース)なども。
ステイホームで続くストレスを存分に解消してくれそうだ。

(東海テレビ)