コロナ禍も地元の人に支えられ…

岐阜・川辺町にある縫製工場を改装して、2020年7月にオープンしたカフェ。モーニングでもちもち食感のワッフルが食べられる。

「飛騨川の川辺」にあることから名前が付いたという岐阜・川辺町。

この記事の画像(10枚)

町の中心部から飛騨川に沿って北へ進むと、倉庫風の建物のカフェ「ラインサイドカフェ」はある。

元々はスーツなどを作っていた縫製工場を改装した。

店のすぐ脇をJR高山本線が通ることから、「ラインサイド」の名前を付けた。

モーニングセットは、自家製ワッフルに栗のペースト入りのバターを付けていただく。

やわらかいワッフルと一緒に栗を感じる。

もっちりとした食感は、米粉を使っているため。

マスターの森さんは岐阜・多治見市出身。知人からこの場所を紹介してもらったところ、その佇まいにひとめぼれして出店を決め、7月にオープンした。

開店時期は新型コロナウイルスが広がっている時期だったが、町の人たちに支えられて、なんとか店を続けられたという。

また、カフェの隣にある家屋でジビエ料理の店を開くべく準備中だ。

(東海テレビ)

築100年以上経った古民家で、現在改装が進められている。