大麻の「売人」を直撃取材…「議員がやってる」「中高生も」 日常に迫るゲートウェイドラッグの異常事態
FNNピックアップ

大麻の「売人」を直撃取材…「議員がやってる」「中高生も」 日常に迫るゲートウェイドラッグの異常事態

東海テレビ
東海テレビ
国内
  • 「大麻、今日受け取れます」…指定されたアプリにはすぐに返信が
  • 急増する大麻事犯…コロナ禍で薬物犯罪のみが増加している現実
  • 大麻は「酒と一緒ぐらい」…すぐそばに広がる薬物への入り口

「大麻、今日受け取れます」…指定されたアプリにはすぐに返信が

この記事の画像(25枚)

大麻に関する事件が連日のように続いている。愛知県では2020年の検挙数のうち、約7割が10代から20代の若者だ。違法薬物に手を染める入り口、ゲートウェイドラッグの売人を名乗る男らを直撃し、その実態に迫った。

芸能人や大学生など、連日のようにその広がりが明らかとなる「大麻」。
日常にどれほど迫っているのか、特定のワードを加えて検索してみた。

売買を匂わせる投稿はあっさりと見つかった。掲示板には「野菜」「葉っぱ」「草」などの隠語が。

履歴を残さないためか、指定されたアプリを使い、大麻の売人を名乗る人物にメッセージを送信。すると、わずか数十秒後、「こちらでお願いします」とすぐに返信が。

その後、数回のやり取りを重ね、名古屋市内の公園で会う約束を取った。

男「1人で来てもらっていいですか」…現れた中東系の外国人のような男の警戒心

現地には記者2人で深夜0時頃にスタンバイ。すると、1台のバイクが公園の脇に止まった。

中東系の外国人のような顔立ちをした体格の良い男がバイクから降りてくると、携帯電話に着信が…。

売人風の男:
もしもし、すみません着きました。たぶん目の前にいるのですけど、1人で来てもらっていいですか

男は警戒しているのか、1人で来るよう要求してきた。

売人風の男:
話しながら行きます、ゆっくり。見せるだけなので。品物っていうか今日の野菜(大麻)です。やっぱり基本的に怖いので、売る側も買う側も

こう話しながら、公園の奥まで50メートルほど歩いたところで、男が切り出してきた。

売人風の男:
ただの葉っぱクズみたいな。これっすね

大麻だとして見せてきたのは、警察が公開する押収品などとよく似た、乾燥した草のようなもの。本物であれば、7年以下の懲役などに処される犯罪だ。

売人風の男:
薬物っていう薬物じゃないですけどね、大麻は。リラックス系ですかね。(やると)気分が落ち着いたり、すごいリラックスモードになる

自分で作ったり、栽培はしていないと話す売人風の男。記者が質問を続けること約5分。男が不意に話題を変えてきた。

売人風の男:
ちなみに今、別の品種があるのですけど。持ってきますけど見ますか

停めてあったバイクへと戻る男。すると、荷物を取り出すことなく、突然エンジンをかけ始めた。

売人風の男:
すみません、お客様の方がちょっと怪しいと思ったので、今回見送りって形で…

記者からの質問に、違和感を覚えたのか、男は去って行った。

急増する大麻事犯の検挙数…2020年は約7割が未成年や20代 コロナ禍で薬物犯罪のみが増加している現実

疑われさえしなければ、買うこともできたであろうこの異常な現状。愛知県警の薬物銃器対策課は、「大麻は若年層の間でゲートウェイドラッグ、つまり違法薬物に近づくきっかけとなる場合が多い。若年層は友人知人等から誘われると断り切れず、いわゆる薬物犯罪の入口ですね。そのきっかけとなるドラッグ」と話し、今、特に若者の間で大麻が蔓延していると指摘。

愛知県内の大麻事犯の検挙数を示したグラフ。
ここ10年で急速に広がりを見せていて、特に2020年は、全体の約7割が未成年や20代の若年層。9月までで、すでに2019年の数を上回っている。

また、新型コロナで外出を控えるようになった2020年の前半、犯罪件数は軒並み減少傾向となったにもかかわらず、薬物犯罪だけはむしろ増えていて、薬物銃器対策課の担当者は「若者に限らず、新型コロナウイルスの影響で閉塞感を抱えて、その逃げ場やストレス発散のために違法薬物に手を出してしまうこともあるようだ」と話す。

19歳の客引き「中高生が「野菜ある?」って」…ゲートウェイドラッグ蔓延の実態

蔓延する違法薬物と、その入り口・ゲートウェイドラッグとなる大麻。
名古屋・栄の繁華街では思いもよらぬ事態にも直面した。

1人の客引きの男が「お探しないですか」と、声をかけてきた。

記者:
ハッパ(大麻)とかってあります?

客引き:
ハッパは一応回せますよ。僕自体はプッシャー(売人)じゃないですけど、知り合いがプッシャーで

売人を紹介できると話すのは、まだ19歳の少年。17歳の頃、大麻を売りさばき有罪となり、この春少年院を出たばかりだという。

客引き:
声かけられますよ「野菜ある?野菜ある?」って色んな人から掛けられます。(大麻を吸っているのは)20代もいれば10代もいればみたいな。高校生とかも多いですね。中学生もいますし

大麻を求め、中高生までもが声をかけてくると話す少年。客引きが売人との仲介役になっているのだろうか…。

売人名乗る男「僕今、大麻入っている状態ですよ」…目の前で吸った「大麻リキッド」

繁華街でさらに取材を続けると、売人を紹介できるという別の客引きにもすぐに接触することができた。
1時間ほどで現れたのは、コバヤシ(仮名・24)。

一見にこやかで気さく。昼間は仕事をしているものの、夜は時折、違法薬物を売りさばいていると話す。

コバヤシ:
買うヤツバンバンいます。知り合いで、議員さんでやっている人いますからね。(吸うと)音楽聞いとって楽しいです。本物のライブ会場にいるような。あとメシがやっぱ旨いですね。それが一番顕著だと思います。コンビニ弁当とかがめちゃくちゃおいしく感じられるんですよ

「感覚が研ぎ澄まされる」…。大麻の感覚を饒舌に語るコバヤシに、脳の障害など大麻によるリスクを気にする様子はまったく感じられない。さらに…。

コバヤシ:
ちなみに僕今、大麻入っている状態なんですよ。ちょっと眠そうじゃないですか?目がちょっとトロトロっすよね。目がこういう感じになっちゃう

この瞬間も大麻を使用した直後だと話し、コバヤシが見せてきたのは、細長い特殊なケース。中の液体は、大麻の幻覚成分を抽出した「大麻リキッド」だという。

大麻リキッドは、カートリッジに入った液体を、市販の電子タバコで気化させて吸うため、大麻だということがわかりにくいこともあり、近年急速に広がっている。

コバヤシ:
大麻を5個くらい凝縮したのがコレなので、強いんすよ。値段も高いっす。1本3万5000円とかなんで

そう言うとコバヤシは、目の前で大麻リキッドだというものを吸ってみせた。

大麻は「酒と一緒ぐらい」…すぐそばに広がる薬物への入り口

コバヤシ:
逆に、酒飲んどる方がよっぽど危ないっすからね。僕、酒飲んだことないんですよ。なので僕は酒に対してそういう考え方

酒を飲んだ事がなくても、大麻は吸う、と話すコバヤシ。

コバヤシ:
僕の酒に対する考えと、お兄さんたちの大麻はたぶん一緒ぐらい。それでも捕まってないっすからね。アホなことしなきゃ捕まらないっすよ

世間の酒への認識と、大麻への認識は同じ…。

重大な罪を犯しているという意識を感じさせることなく、コバヤシはまた夜の街へと消えていった。

インターネット、夜の繁華街…。誰もが自由に出入りできる日常に潜み、若者を中心に蔓延するゲートウェイドラッグ、大麻。薬物への入り口は、すぐそばまで迫っている。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

FNNピックアップの他の記事

17歳でレスリング全日本女王…「五輪で優勝して吉田沙保里さんの…

17歳でレスリング全日本女王…「五輪で優勝して吉田沙保里さんの…

芸能スポーツ
「やはり起こってしまった」

「やはり起こってしまった」"時速100km暴走”で中3生を死なせた5…

地域
子供の感染は約7割が家庭内…うち半数が「父親経由」 専門家に聞…

子供の感染は約7割が家庭内…うち半数が「父親経由」 専門家に聞…

国内
“最も魅力ない街”に愕然…外国人女性2人が立ち上げたサイト「…

“最も魅力ない街”に愕然…外国人女性2人が立ち上げたサイト「…

国内
緊急事態宣言で子どもの暮らしにも影…「練習しづらい」ピアノ教…

緊急事態宣言で子どもの暮らしにも影…「練習しづらい」ピアノ教…

国内
「性犯罪は魂の殺人」教員によるわいせつ行為は人格形成にも影響…

「性犯罪は魂の殺人」教員によるわいせつ行為は人格形成にも影響…

地域
一覧ページへ
×