「見事に殺しきりました」新幹線殺傷事件…初公判での被告の驚きの発言と動機とは

カテゴリ:国内

  • 新幹線殺傷事件の初公判で被告が驚きの発言
  • 初公判で明らかとなった犯行時の新幹線車内
  • 検察は小島被告の勘違いが殺人の動機と指摘

新幹線殺傷事件の初公判で驚きの発言

新幹線殺傷事件の小島一朗被告(23)が初公判で発した言葉は「見事に殺しきりました」だった…

2018年6月 神奈川県内を走行していた東海道新幹線「のぞみ」の車内で、女性客らが刃物で襲われ、止めに入った会社員の梅田耕太郎さん(当時38歳)が死亡した事件。

殺人などの罪に問われた小島一朗被告(23)の裁判員裁判の初公判が、11月28日横浜地裁小田原支部で開かれた。

裁判長
名前は?

小島一朗被告
名前は小島一朗です

裁判長
起訴状では住所不定無職となっていますが?

小島一朗被告
事件の前、半年間はホームレスをしておりました

初公判で明らかとなった犯行の様子

上下スエット姿で入廷し、裁判長の質問に淡々と答えた小島被告。

新幹線の車内で窓際の隣の席の女性と、通路をはさんで反対側に座っていた女性をナタで切りつけ殺害しようとした殺人未遂と…

止めようとした梅田耕太郎さんの首などを突き刺し、殺害した罪などに問われている。

起訴内容について問われた小島被告の口をついて出たのは信じられない言葉だった。

小島一朗被告
私は窓際にいる人を殺そうとしましたが、残念にも殺しそこないました

小島一朗被告
私は止めに入った人を見事に殺しきりました

などと話し、起訴内容を認めた。

検察は小島被告の勘違いが殺人の動機と指摘

検察は冒頭陳述で、動機について「刑務所に入るために計画した無差別殺人だ」と主張。

直接のきっかけとして、養子縁組をしていた祖母が事件の約3カ月前に小島被告にかけた電話を勘違いしたことをあげた。

検察によると、家出していた小島被告がなかなか帰ってこないことを心配した祖母が電話で「いない存在だと思えばいいのかな」と話したことを、小島被告は「養子縁組を解消する」という意味に捉えてしまったという。

その結果、「刑務所に一生入れるような重大な犯行を起こそう」と考えるようになったと指摘した。

きょうの法廷で犯行に使われたナタやナイフを見せられた小島被告は、「ナイフはもういらないか?」と聞かれ…

小島一朗被告
(ナイフは)曲がっておりますし、有期刑になってまた出所したら人を殺すハメになり、新しいものを買うのでそれは要りません

と、出所後また殺人を犯すとの驚きの発言だった。

小島被告に襲われケガをした女性は供述調書で「命をもって償ってほしいし、外に出てきてほしくない」などと訴えた。

裁判は12月18日に判決が言い渡される予定。

(Live News it! 11月28日放送より)

Live News it!の他の記事