“戦争発言”の丸山穂高氏が入党 「NHKから国民を守る党」と議員の思惑は?

カテゴリ:国内

  • 7月29日に丸山穂高衆院議員が「NHKから国民を守る党」に入党
  • NHKのスクランブル化を実現するために様々な議員と連携していく方針
  • 数合わせと思われてしまうことが懸念材料と専門家は指摘する

丸山穂高衆院議員がNHKから国民を守る党に入党

丸山穂高 衆院議員:
“毒をもって毒を制す”とツイッターで代表が書かれていましたが“毒って私か!”と思いながら、まあ毒なんですが、立花代表も十分に毒で混ぜて劇薬にしてですね。突っ込んでいくことで薬にして病気を治していく。

2019年5月に北方領土返還をめぐる戦争発言で日本維新の会から除名された丸山穂高衆議院議員。
7月29日に入党に合意したのは7月21日に行われた参院選の比例代表で1議席を獲得して話題となった「NHKから国民を守る党」だ。

NHKから国民を守る党 立花孝志代表:
念願叶ったというかドラフト会議のFAとかそういう希望選手を獲得した監督の気持ち。

さらに大臣経験のある渡辺喜美参議院議員との共闘発表も7月30日に予定されている。
めざましテレビの単独取材に立花代表は…

生田竜聖アナウンサー:
他の議員に打診する狙いは?

NHKから国民を守る党 立花孝志代表:
政治にはどうしても必要なので。

NHKから国民を守る党とはどんな党なのか

NHKで放送された政見放送で立花氏は「テレビの前のあなたもご一緒に。“NHKをぶっ壊す”」と発言している。

かつてNHKの職員だった立花孝志代表。2005年にNHKを退職した後に2013年にNHKから国民を守る党を旗揚げした。
2019年4月の統一地方選では全国で26人の当選者を出した。今回の参院選ではたったひとつの公約として受信料を払った人だけがNHKを視聴できる“スクランブル放送”の実施を掲げ比例代表では98万7885票を獲得した。
その結果、立花代表が最後の50議席目に滑り込み初当選を果たした。

「NHKから国党を守る党」を支持する人に理由を聞いてみると…
方針を一本にまとめているところがわかりやすい。(21歳男性)
なんか新しいなというか、ツイッターもバズっていた注目集めるにはいい。(22歳女性)
などの声が上がった。

7月29日に立花代表にその真意を聞いた。

NHKから国民を守る党 立花孝志代表:
日本で1番NHKが好きですよ。気持ちは未だにNHK職員ですよNHK職員としてやるべきことをやっている。
国民の皆さん視聴者の皆さんがNHKのスポンサーというか1番裏切っちゃいけないわけですからその人たちに対して裏切りたくない。

丸山穂高衆議院入党の真意とは...

しかし、あの丸山議員を入党させたことについては街ではこんな声も聞かれた。

お騒がせ議員って知名度が高い。それをうまく利用するのかなって感じ。(21歳男性)
問題ある人を集めて何がしたいかわからない。(25歳女性)

ではなぜ丸山議員に入党を打診したのか?

NHKから国民を守る党 立花孝志代表:
僕は戦争発言とかもちろん肯定的ではない。思想的にも近いものはそこまでないんすが、我々の目標はNHKのスクランブル放送であり、そのことを達成していく時に丸山議員に入党いただくことそれによる力、いわゆる国会での発言の時間とか権限とかトータルで考えたらマイナスももちろんありますけど、プラスの方が多いと判断させていただいたということです。
数字の力っていうのは政治にはどうしても必要なので。

「単に数を集めるためなら誰でもいいのか?」

立花代表が連携を模索している国会議員の中には大臣経験者もいる。では、国会議員にとって「N国党」に入党するメリットは?専門家はこう指摘する。

政治アナリスト 伊藤惇夫氏:
無所属でいる限り国会で質問の機会もありませんし資金面でも政党交付金や立法事務費が出ない。一定の数が集まれば他の政党と議論する場を設けることが可能に なってくることも。活動の場は広がる。

しかし、こんな懸念もあると専門家は指摘する。

政治アナリスト 伊藤惇夫氏:
単に数を集めるためなら誰でもいいのか?ということになってくるので、N国党に投票した有権者は今どう見ているかは注目点だと思う。

N国党の立花代表と金融担当大臣などを務めた渡辺喜美参院議員は7月30日午前11時から会派結成なども含めた共闘を発表する見通しだ。

様々な議員と連携していく方針

生田竜聖アナウンサー:
N国党の立花代表によりますと石崎徹氏・青山雅幸氏・柚木道義氏・井上一徳氏・中山成彬氏・松原仁氏・細野豪志氏・平山佐知子氏・足立康史氏・笠浩史氏らとも連携を模索しているとのことです。

(「めざましテレビ」7月30日放送分より)

めざましテレビの他の記事