ポテトチップスの賞味期限を延長。 “技術的な改良点”をカルビーに聞いた

カテゴリ:ビジネス

  • カルビーがポテトチップスの賞味期限を延長する
  • 担当者「劣化しにくい種類や配合へ変更」
  • 賞味期限の表記を「年月」に変更する理由は…

食品ロスを減らすことが世界的な課題となる中、カルビーは5月30日、ポテトチップスの賞味期限を延ばすと発表した。

対象となるのは、ポテトチップスのほぼ全品となる約100種類。

円筒状の容器に入った「ポテトチップスクリスプ」は、6月1日の製造分から変更し、賞味期限は12カ月から13カ月に延長。

袋入りの「ポテトチップス商品」は、10月1日の製造分から変更し、賞味期限は4カ月から6カ月に延長する。
同時にそれぞれ賞味期限の表示内容を「年月日」から「年月」に変更する。

食品ロス削減に向けた取り組みの一環なのだというが、なぜ、賞味期限の延長が可能になったのか?従来の技術では不可能だったのか?
カルビーの広報担当者に“技術的な理由”を聞いた。

油の変更や内袋を厚くすることで延長が可能に

――なぜ賞味期限の延長が可能になる?

「ポテトチップス商品」については、フライ油の種類や配合の変更による、劣化の研究や評価を行い、劣化しにくい種類や配合への変更を行いました。

「ポテトチップスクリスプ」については、内袋を厚くして劣化を防止するように改良を行っています。


――従来の技術では賞味期限の延長は難しかった?

以前から、品質改良を目的とした取り組みは行っておりました。

今回、食品ロスの削減が世界的な課題となっているという背景もあり、賞味期限延長の可能性について再検証をしたところ、賞味期限を延長しても、品質が維持できることの確認が取れたため、延長をすることにいたしました。

賞味期限の表記を「年月」に変更する理由

――賞味期限の表記を「年月日」から「年月」に変更する。この理由は?

店頭や物流においては、より効率的な作業管理につながるのではないかと考えております。

また、お客様におかれましても、「年月日」ではなく「年月」表示であることによって、「賞味期限が1日過ぎたら捨てなければいけない」という“心の負担”が軽減し、それによって、食品ロス削減につながるのではないかと考えております。


まだ食べられるのに捨てられてしまう、いわゆる食品ロスは、日本で推計年間643万トン。
政府が2030年度までに、2000年度に比べて食品ロス半減を目標に掲げる中、5月24日、食品ロス削減推進法が成立した。

袋入りの「ポテトチップス商品」は、油の種類や配合の改良で賞味期限を延ばすことに成功したという。カルビーが始めたこういった試みが広がり、食品ロス削減につながることを期待したい。