思わず二度見!?

街中を歩いていると、ふと目にとまる看板や標識。
印象を残そうと創意工夫を凝らしたものが多く、地域性が出るものもある。

そんな中、JR青森駅の近くにある看板がTwitterに投稿され、「青森らしい」と話題を集めている
出張で青森に訪れたという、リツ(@litz331)さんが投稿した、看板の画像がこちら。



白の格子扉に取り付けられた看板には、「関係者以外立入禁止」の文字。
ここまではよくある光景だが...問題はその下の小さな看板。
 

 
この記事の画像(7枚)

「引く」をよく見ると右上にあるのは、濁点...?「引ぐ」と表記されているのだ。
 

 

どこか気の抜けたような表現に、ネットからは「ぐ?」「大笑いしてる」といった反応が続々。この投稿は、2万9,000以上のリツイート、6万9,000以上のいいねを集めている。(7月10日現在)

投稿画像にもあるが、この看板はJR青森駅が設置したもの。
そして私事ながら、青森県出身の筆者は、この表現が津軽弁の訛りと分かる。「引ぐ」は「引く・引っ張る」が訛ったもので、イントネーションを矢印で表現すると「引→ぐ↑」、カタカナだと「ヒィグ」「フィグ」となる。

それにしても、なぜこのような方言の看板を設置したのだろうか。
JR青森駅に連絡したところ、看板を設置した、吉田正樹副駅長が取材に応じてくれた。
 

「引げ」も考えたけど...

――この看板はどこにある?

JR青森駅とその隣にある商業施設「LOVINA(ラビナ)」の間にあります。駅とラビナの名前をとって「エビナ」とも呼ばれる空間ですね。看板自体は、社員専用の業務用通路につながる扉に付いています。

 

画像下部にあるのが話題となった扉。確かに「エビナ」とある(提供:JR青森支店)

――なぜ津軽弁の看板を?

青森駅周辺では、都市開発計画の一環で改修工事が進んでいます。
この扉もそれに伴い設置されたのですが、入るときは「内開き」、出るときは「外開き」でしか開かなかったんです。みんながそれを知らずに動かすものだから、蝶番のところが何度も壊れてしまって...

この状態をどうにかしようと、2018年の秋ごろに設置しました。私は岩手県出身なのですが、目立たせて注意喚起したいと津軽弁を使いました。津軽弁には「引げ」という方言もあるのですが、それだと命令っぽくなる。でも「引く」なら普通すぎる..と考え、「引ぐ」に落ち着きました。
 

看板自体は目立たない場所にあるという(提供:JR青森支店)

壊れることはなくなりました。でも理由は…

――看板の効果は?同じような看板はある?

実は看板を設置した数日後、修理業者から「両開きもありますよ」という話をいただいたので、両開きにしてしまいました。当然ですが、壊れることはなくなりました。

私が知る限り、同じような看板は他にはありません。話題となった扉の裏側にも看板はありますが、こちらは津軽弁が思い浮かばなかったので「押す」となっています。今考えると「おっつける」もありましたね。

※「おっつける」=津軽弁で「押す」の意味


――市民などから反応はあった?

社員からは「青森の人間ならあっちのほうが分かりやすい」「面白い」という声はありましたが、業務用通路ということもあり、一般市民からの反応は聞いたことがありませんでした。

今回の投稿がきっかけで話題となり、驚いています。ありがたいですね。

 

裏側は津軽弁ではなく、普通に「押す」。理由は「思いつかなかったから」とのこと(提供:JR靑森支店)

現駅舎は2021年3月に役目を終える…

――伝えたいことなどはある?

JR青森駅の現駅舎は、2019年12月で60周年を迎えますが、都市開発計画の一環で2021年3月に役目を終えます。駅の機能は建設される自由通路に統合され、現駅舎は取り壊される予定です。

私が聞いた話では、青森駅の最盛期は駅の近くでリンゴなどが売られ、にぎわっていたといいます。青森県民のみならず、旅行などで訪れた人もいるはずです。思い出を振り返る意味でも、もう一度訪れていただければうれしいです。

 

JR青森駅の夜景

地元民には当たり前の方言も、他県民には新鮮に映ることがある。吉田副駅長が「引ぐ」という看板を設置したのも、リツさんがその看板をTwitterにアップして話題となったのも、方言の面白さがあってのものだろう。

皆さんの古里にも、遊び心あふれる“ご当地看板”はあるはず。探してみると、思わぬ魅力が発見できるかもしれない。