水揚げ量全国1位の北海道で秋サケ漁解禁

秋の味覚、秋サケ。食欲の秋のごちそうだが、今厳しい現実が突きつけられている。

しんぱち食堂渋谷店・宮﨑智寛店長:
日本の朝ごはんと言えばサケなんですけど、本格的に不漁になれば、メニューの変更とか価格を変えたりとか、そういう策に出ざるを得ない

最盛期のハズが定置網のサケに姿少なく

水揚げ量全国1位を誇る北海道で先週解禁された秋サケの定置網漁。今月下旬にかけ最盛期を迎えるが、サケの姿はあまり見受けられない。

定置網には秋サケとともにブリやマンボウも。

北海道漁連によると、秋サケの水揚げ量は年々減少傾向にあり、5年前から半分以下にまで激減。今年も回復は見込めない状況とみられている。

第七共進丸船頭・川原田良己さん:
(不漁だった)去年より悪い。こうやって毎年毎年、漁獲少なくなってきたら商売自体成り立たなくなる

飲食店と鮮魚店は先行きに不安

先行きに不安を感じているのは飲食店も同じだ。

しんぱち食堂渋谷店・宮﨑智寛店長:
仕入れ値が上がるとかが、いつ始まるのかが怖い

人気のサケの塩焼き定食も、このまま不漁が続けば値上げなどをせざるを得ないと言う。

お客は:
悲しいですよね。サケおいしいから

サケはこのまま手の届きにくい高級魚になってしまうのか?

築地場外市場の鮮魚店では。

ーーこちらのお店に秋サケはありますか?

斉藤水産・斉藤又雄社長:
きょうは入荷なしです。本当に水揚げが少ないので

去年は1㎏約1500円だったが、今年は約2500円まで高騰しているという。

斉藤水産・斉藤又雄社長:
いつもだとこちらの方に並んでいるんですけど…

斉藤水産・斉藤又雄社長:
打撃は大きいと思いますよ。今後(水揚げ量が)増えるっていうの保証もない

鮮魚店の客:
私は毎日サケ食べています

ーー秋サケ高くなったらどうですか?

鮮魚店の客:
困りますね

農林水産省によると不漁の詳しい原因などは分かっておらず現在調査中。

旬を迎えるはずの秋の味覚は食卓から遠のくばかりだ。

(「Live News it!」9月7日放送分より)